1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ランサーズ、『新・フリーランス実態調査 2021-2022年版』発表

PR TIMES / 2021年11月12日 19時45分

~広義のフリーランス人口は1,577万人、経済規模は23.8兆円に   デジタルスキルの「リスキリング(学び直し)」の高まりも明らかに~

 ランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:秋好 陽介、東証マザーズ:4484)は、『新・フリーランス実態調査 2021-2022年版』を発表いたしました。今回の調査では、フリーランス人口は1,577万人、経済規模は23.8兆円であることがわかりました。また、20~40代のフリーランスはプログラミングやWEBデザインといったデジタルスキルの「リスキリング(学び直し)」に興味を持っていることも明らかになりました。今後もランサーズは、フリーランス支援を通して「誰もが自分らしく才能を発揮し、『誰かのプロ』になれる社会をつくる」というビジョンの実現を目指して参ります。

『新・フリーランス実態調査 2021-2022年版』の詳細: https://speakerdeck.com/lancers_pr/xin-huriransushi-tai-diao-cha-2021-2022nian-ban



[画像1: https://prtimes.jp/i/10407/123/resize/d10407-123-4299a91e76e7a9f541a6-4.png ]

■フリーランス人口は1,577万人 経済規模は23.8兆円
 今回の調査で、フリーランス人口は1,577万人、経済規模は23.8兆円であることがわかりました。調査を開始した2015年と比較すると、人口は68.3%(640万人)、経済規模は62.7%(9.2兆円)増加しました。2020年1月の調査ではフリーランス人口は1,062万人、経済規模は17.6兆円だったことから、コロナ禍でフリーランス市場は大きく拡大したことがわかります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/10407/123/resize/d10407-123-de883b3b00d566d544dc-1.png ]

 また、2021年10月までの1年間でオンラインで仕事を完結させたことのあるフリーランスは53.2%いました。オンラインで働くフリーランスはフリーランスの平均よりも年間報酬額が10万円程高く、1週間の勤務時間が1時間短いことがわかりました。これは、働く時間や場所を選択し、自分に合った働き方をすることでより効率的に働けるようになったと考えられます。

■フリーランスの70%以上がプロ意識を持ち、30%以上がマネジメント経験あり
 今回の調査では、フリーランスの30%以上が「過去や現在にマネジメント経験がある」と回答しました。COVID-19の影響で拡大した在宅勤務により、時間に余裕ができたマネジメント層がフリーランスといった働き方を実施したためだと考えられます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/10407/123/resize/d10407-123-6dd98f1aae3598eb569d-2.png ]

 また、77.1%のフリーランスが「自身の仕事に対してプロフェッショナルな意識を持っている」と回答しており、フリーランスは仕事への意識が高いことがわかりました。

■20~40代のフリーランスはデジタルスキルの「リスキリング(学び直し)」に関心がある
 フリーランスに今後新たに学びたいスキルを質問したところ、20~40代では「プログラミング」という回答が最も多くなりました。その他にも今後新たに学びたいスキルとして「動画撮影・編集」や「WEBデザイン」といったデジタルスキルが上位にあがっています。また、現在持っているスキルとしては「接客スキル」「営業スキル」との回答が多くデジタルスキルを持つ人はまだ少ないため、今後デジタルスキルの「リスキリング(学び直し)」は広まっていくと考えられます。デジタルスキルの取得がフリーランスの間で広まることによって、今後拡大するIT人材不足に貢献できると予想されます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/10407/123/resize/d10407-123-5f98fb4f079f690d9823-3.png ]

 また、今回の調査では年齢が若い方が新しいスキルを学ぶ意欲が高いことがわかりました。これは、終身雇用制度が見直されている中で企業ではなく個人が活躍するために新しい学びを得ようと動いていると考えられます。今後もランサーズは、フリーランス支援を通して誰もが自分らしく才能を発揮できる社会の実現に努めてまいります。

■『新・フリーランス実態調査 2021-2022年版』詳細
・実施日時:2021年9月30日~10月4日
・調査対象:過去12ヵ月に仕事の対価として報酬を得た20歳以上の男女
・調査対象者:3,094人(うち、フリーランス1,548人)
・調査方法:独立調査会社マクロミルによるオンライン調査

■ランサーズ株式会社について
ランサーズ(東証マザーズ:4484)は、「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」をビジョンに掲げ、個人と企業をオンラインでマッチングする受発注プラットフォームを運営しております。テクノロジーを活用した新しい働き方を提供することで、個人の生活・働き方、あり方を変革し、一人でも多くの個人が働き甲斐を感じられるよりよい豊かな社会づくりに貢献します。また、129万人を超えるフリーランスとの適切なマッチングにより企業の人材不足、生産性向上、DX化促進への課題にも寄与し、外部人材活用によるイノベーション、技術革新を推進しております。

■プロに直接頼めるマーケット「Lancers」 https://www.lancers.jp/
■ハイスキル ITフリーランスを人材紹介「Lancers Agent」 https://lancersagent.com/
■オンラインチームが業務代行「Lancers Assistant」 https://www.lancers.jp/assistant
■オンラインメンターサービス「MENTA」 https://menta.work/



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください