【第7回プロポーズに関する実態調査】2014年度 人気のプロポーズパターンは「土曜の夜お家で!」 プロポーズの際の婚約指輪の有無は「結婚生活の満足度」にも影響!?

PR TIMES / 2014年5月31日 10時6分

2014年 プロポーズされたい・したい有名人ランキング
男性1位:生田斗真さん(初)
女性1位:新垣結衣(2年連続)

ブライダルジュエリー専門店「アイプリモ」調べ




プリモ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:澤野直樹)は、直近1年以内にプロポーズまたは入籍した20代男女516名を対象に、「プロポーズ」に関する意識調査を行いましたので、その調査結果を発表いたします。

 本調査は2008年より継続して実施しており、過去の結果につきましても、プリモ・ジャパンが運営する「プロポーズ準備室」ページ(URL: http://www.iprimo.jp/propose/)にて公開しております。これからプロポーズをされる方は是非ご参考ください。


「アイプリモ」は、プリモ・ジャパン株式会社が運営するブライダルジュエリー専門店で、日本最大規模の60店舗(他に台湾8店舗、香港1店舗/2014年5月現在)を展開しています。婚約指輪・結婚指輪選びのお手伝いを始め、男性のプロポーズを応援する企画を実施しています。「プロポーズ」に関する意識調査は2008年より毎年発表しており、今回の調査で7回目を迎えました。


■プロポーズにかける理想の予算「20万円以上」の回答が昨年に続きアップ!
プロポーズの予算(婚約指輪を含む)の上限はいくら位が理想かについて、全体の58.5%の人が「20万円以上」と回答し、昨年調査の52.7%を上回りました。アベノミクスで経済が盛り上がった昨年から引き続き、更に上昇傾向にあります。また、性別で見ると男性に比べて女性の方が「20万円未満」の回答が7.5ポイント上回りました。(参考資料:Q1)


■全体の8割がプロポーズを経験!女性にとってプロポーズ自体が喜びに!
全体の81.3%の人がプロポーズをした、またはされたと回答。多くの方が節目としての「プロポーズ」を言葉や行動に表して伝えていることが伺えます。プロポーズされた女性のうち93%が「プロポーズされてよかった」、プロポーズをされなかった女性も80.8%が「プロポーズされたかった」と回答しており、女性にとってまずは「プロポーズ」自体が大きな喜びになっていると考えられます。一方で、プロポーズしなかった男性は「わざわざ言葉で伝えなくても良いと思ったから」と72,7%が回答し、ギャップが表れました。
また、2013年調査では(20~39歳の未婚男性が)「プロポーズしなかった理由」について52%は「金銭面」と回答しており、ここでも景気上昇の兆しとの関連が見てとれます。(参考資料:Q2、3、4、5)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング