「サイトに繋がらない!」といったアクセス集中時の機会損失を防ぐ「Webアクセス最適化サービス」をアイレットが提供開始

PR TIMES / 2019年10月11日 4時15分

クラウドにおける24時間365日のフルマネージドサービス「cloudpack(クラウドパック)」とアプリケーション開発などを手掛ける「システム開発事業」を提供するアイレット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:齋藤 将平、以下 アイレット)は、メディア露出などによるアクセス集中時のサーバー負荷を回避する「Webアクセス最適化サービス」を本日より提供します。本サービスをご利用いただくと、オンプレミス環境で構築しているWebサイトにおいても、アクセスが集中した際にサーバーを落とすことなく正常に稼働させることで、お客様の機会損失を防ぐことが可能となります。



[画像: https://prtimes.jp/i/9999/129/resize/d9999-129-332252-0.png ]

サービスページURL: https://cloudpack.jp/service/spin-off/webaccess-optimisation.html

スマートフォンの普及に加え、SNSの浸透により、メディア露出等の影響でWebサイトが大量のアクセスに耐えられない状況が発生することがあります。注目されているにも関わらず企業のWebサイトやサービスにアクセスできなくなると、大きな機会損失、また信頼の失墜にも繋がりかねません。

アイレットが提供を開始する「Webアクセス最適化サービス」では、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のCDN(Content Delivery Network)サービスである「Amazon CloudFront」を活用した負荷対策を実施します。「Amazon CloudFront」は、サーバーの負荷を分散することで、安定かつ高速なコンテンツ配信を実現できます。また、オンプレミスの既存環境を活かしながら必要なファイルのみ「Amazon CloudFront」のキャッシュを利用することで、短期間で柔軟な対応が可能となります。

アイレットではすでに「Amazon CloudFront」を活用し、テレビ放送時に最大で1分あたり5万リクエストを超えるアクセスに耐えた実績があります。

導入事例URL: https://cloudpack.jp/casestudy/162.html

本サービスは主にオンプレミス環境でWebサイトを構築している企業様や、大量のアクセスに耐えることができるか不安を抱える企業様を対象に、Webサイトの安定運用を実現してまいります。

■サービス概要


[表: https://prtimes.jp/data/corp/9999/table/129_1.jpg ]



以上

【アイレット株式会社 会社概要】

会社名:アイレット株式会社 https://www.iret.co.jp/
設立:2003年10月
所在地:東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー7階・24階(7階受付)
代表者:代表取締役社長 齋藤将平
資本金:7,000万円
主要株主:KDDI株式会社
事業内容:Webシステム開発、スマホアプリ(iOS/Android)開発・運用、クラウドを活用したインフラ設計・構築・運用のフルマネージドサービス「cloudpack」の提供、デザイン制作

アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon CloudFrontは、米国および/またはその他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。その他、本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング