BSIジャパン、国際規格であるISO27001を株式会社 徳島データサービスに授与

PR TIMES / 2012年8月17日 17時12分

 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾直章、以下BSIジャパン)は、株式会社 徳島データサービス(徳島県徳島市 代表取締役社長 濱尾 重忠、以下徳島データサービス)へ“ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)”認証を授与しました。

 徳島データサービスは、データエントリー受託業務(※1)、情報処理に関する管理運営受託業務 (※2)、人材派遣業務 (※3)を3つの柱として事業展開している、徳島県の企業です。業務で取り扱うあらゆる情報の機密性、完全性、可用性を確保する為に、“ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)”を構築・運用しています。

 ISO27001は、情報資産を保護し、顧客、取引先といった利害関係者からの信頼を得るセキュリティ統制の確保を目的としたマネジメントシステムの国際規格のことです。“ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)”を導入して構築する事により、組織は、情報セキュリティを継続的に改善しながら、情報リスクと脅威を効果的に管理することができるようになります。

 徳島データサービスでは、この “ISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)”の構築、そしてISMS認証の取得により、自組織の情報セキュリティを国際的なレベルまで高められ、業務で取り扱う情報のセキュリティを確保し、これによって発注者などの利害関係者が安心して業務を委託できる情報管理体制を確立しました。


■株式会社徳島データサービス様からのコメント

・ISO27001認証取得の目的
 弊社は、「事業であるデータエントリー業務、管理運営受託業務、IT人材派遣業務を三つの柱として、社会貢献、お客様の信頼こそが会社発展の基本であると考え、常にお客様第一主義で情報化社会に貢献すること」を経営理念としています。そして、この経営理念を具体的に実践していくには、お客様のシステム、データ等の情報資産並びに弊社の経営資源としての情報資産をあらゆる脅威から保護し、適切に活用していくことが重要であると認識しております。お客様は「情報セキュリティ」に対し関心も高く、また昨今の社会情勢も鑑み、ISO27001認証を取得することにいたしました。

・ISO27001の構築・認証で良かった点
 ISO27001認証取得に向け、「お客様のシステム、データ等の情報資産並びに弊社の経営資源としての情報資産をあらゆる脅威から保護し、適切に活用していくことが重要である」と全社員が同じ認識を持ち、意識を高めていくことができました。また職場環境の整備、業務内容・推進方法の整理もできました。今後、これらの維持・改良に努めてまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング