日本好き外国人向けディア「FUN! JAPAN」が、外国人目線で、特集「47 Prefectures of Japan ~Oh Japan WHY~ 」を配信

PR TIMES / 2020年11月16日 18時45分

アジア地域No.1規模の“日本好き”コミュニティサイト『FUN!JAPAN』を運営する株式会社Fun Japan Communications(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井大輔、以下Fun Japan Communications)が、FUN! JAPANのサイトにて、日本の都道府県の不思議な習慣を発信する特集「47 Prefectures of Japan ~Oh Japan WHY~ 」をリニューアル。繁体字、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、英語で配信開始しました。今回は、同記事の概要と同シリーズについて、ご紹介します。
ぜひ、あなたの都道府県の独特な習慣や外国人に伝えたい魅力を、教えてください。記事にて紹介させていただきます。



テーマは、都道府県別の面白い習慣

[画像1: https://prtimes.jp/i/25073/134/resize/d25073-134-773327-2.jpg ]



各都道府県の面白い習慣やと特徴、各都道府県民の性格やクセ、地元民が愛するグルメなどを、県別に紹介しています。例えば「長崎県のバスの運転手は、運転が上手。(坂道など、道路の起伏が激しいのにスムーズに運転できるという理由から)」「熊本県民は、道案内する際に、東さん、右さんと、方角に『さん』をつける。」「朝食サービスが過度な愛知県。」など、日本人の間でも「へぇ~」となる話を、外国人目線でさらに厳選し、記事にまとめ、シリーズ化しています。展開国は、台湾、香港、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、英語圏です。

最新記事では群馬県をご紹介

[画像2: https://prtimes.jp/i/25073/134/resize/d25073-134-699584-1.jpg ]

群馬県といえば、草津温泉などで訪日旅行者の間では有名です。在日歴の長いFUN! JAPANの編集者が、在日だからこそ知った情報で、かつ自国の人々が面白いと思う下記の情報で、記事をまとめ、紹介しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/25073/134/resize/d25073-134-199325-0.jpg ]

群馬県民は…
・負けず嫌いで、粘り強いです。
・ハーゲンダッツの工場があることが誇りです。
・有名なブランドの倉庫がたくさんあることが自慢です。
・一風変わった、でも素晴らしい地元の定番グルメを、誇っています。

実際の記事はこちら
台湾版
https://www.fun-japan.jp/tw/articles/11641
香港版
https://www.fun-japan.jp/hk/articles/11641
マレーシア語版
https://www.fun-japan.jp/my/articles/11641
タイ語版
https://www.fun-japan.jp/th/articles/11641
インドネシア語版
https://www.fun-japan.jp/id/articles/11641
ベトナム語版
https://www.fun-japan.jp/vn/articles/11641
英語版
https://www.fun-japan.jp/en/articles/11641

あなたの都道府県も、ぜひ発信を!
あなたの都道府県の独特な習慣や外国人に伝えたい魅力を、教えてください。記事にて紹介させていただきます。過去にすでにご紹介した都道府県も、さらに更新してまいります。

ご連絡先はこちら。
E-MAIL:inquiry@fj-com.co.jp

FUN! JAPANのサービスについてはこちら
■アジア向けマーケティングサービスについて:
http://fj-com.co.jp/asia-biz/
■イニシャルコストゼロ 完全成果報酬型サービス」:
http://fj-com.co.jp/information/2020/05/2531/

コロナウィルス感染拡大の収束時に、スタートダッシュをしたい自治体様、企業様もぜひご相談ください。

[Fun Japan Communicationsについて]
アジア地域No.1規模の"日本好き"コミュニティ『FUN! JAPAN』を運営(2020年10月時点のWebサイト月間ユニーク訪問数202万人、 Facebookファン数465万人)。現地消費者目線で多国展開する『FUN! JAPAN』の圧倒的メディア力と、そこで蓄積されたデータ、さらには消費者との直接的な繋がりを基にデジタルとリアルの施策を組み合わせ、100社以上のお客様に対して訪日や海外商品の売上拡大をサポートしています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング