【沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ】2月1日(金)から『ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー』に名称が変わります

PR TIMES / 2013年1月23日 10時53分

沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ(沖縄県那覇市、総客室数:352、
総支配人:荒井輝夫)は、本日、同ホテルの名称を2013年2月1日(金)より
「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」に変更することを発表しました。



当ホテルは、ANA(全日空)ホテルとIHG(インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ、
本社:英国)がグローバルに展開する高級ホテルブランドのクラウンプラザとの
共同ブランドとして2007年に新しく誕生した「ANAクラウンプラザホテル」ブランドのホテルとして、
同年12月に営業を開始しました。

全世界で約400軒を展開する高級ホテルブランドのクラウンプラザは、特に中国やアジアの
主要都市などアジア太平洋地域では著しく成長し、現在は全世界の約3割を占めています。

沖縄県では、今年3月7日に予定される石垣島の新空港の開設、今後のLCCや
海外チャーター便などの那覇空港の乗り入れ拡大など、今後も航空インフラが拡充される計画です。

またさらに、大型クルーズ客船の誘致、MICE(ミーティング、インセンティブ、カンファレンス、イベント)、
国際的なリゾート地としての観光振興など、外国人観光客拡大のための取組みが進められています。

新名称のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューは、これまでも、ANAグループとの企画商品や
ANAマイレージを活用した販売施策などを行ってまいりました。新名称にてANAホテルおよび
クラウンプラザの両ブランド名を強調することで、クラウンプラザの海外でのブランド力と
ANAグループ利用者への訴求力をいっそう高めてまいります。


======================================
沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザについて
======================================
沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ(沖縄県那覇市泉崎 2-46、客室数 :352 室、
代表番号: 098-853-2111)は、日本有数の海洋性リゾートとして知られる沖縄の県都・那覇の
中心部に位置する、 自然と文化が調和し、アーバンリゾートとしての上質なホスピタリティと、
豊かな個性が共存するホテルです。

客室においては、日本独自に開発されたお客様の眠りをサポートするANAクラウンプラザホテルの
オリジナル快眠プログラム「Sleep Advantage(スリープ・アドバンテージ)」をご用意しております。
さらに、ご宴会・各種会議・ウェディングは、様々なイベントに対応可能な施設を取り揃え、
ご要望以上の成功へと導く為にクラウン・イベント・ディレクターがイベント終了後まで主催者の
皆様を手厚くサポートいたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング