不動産ポータルサイト初!LIFULL HOME'S、ドコモ・インサイトマーケティングと協業し ”よく行く駅・年代から、同じ特徴の人が多く住むエリアを探せる” 新たな機能をリリース

PR TIMES / 2020年9月29日 14時45分

モバイル空間統計データを活用し、ユーザーの行動特徴にあった住み替えの候補地を提示

株式会社LIFULL(ライフル)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)が提供する不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」は、2020年9月24日(木)より、「住まいインデックス」にてユーザーのよく行く駅、年代から住みかえ候補になりそうな地域を提示する新たな機能を提供開始いたしました。



[画像: https://prtimes.jp/i/33058/159/resize/d33058-159-177478-1.png ]

住まいインデックス: https://lifullhomes-index.jp/map/regional/

不動産ポータルサイトで物件を探す際、まずは地域や沿線の選択をする必要がありますが、住みたい地域を探す手段は少ないため、人気の地域や土地勘のある地域などの知っている場所から探すことになり、最初から選択肢が絞られた状態で住まいを探し始めることになります。
そこで「LIFULL HOME'S」では、住まいの選択肢を少しでも広げることを目的に、株式会社ドコモ・インサイトマーケティングと協力し、ユーザーの行動データをもとにした住み替え候補になり得る地域を提示する機能をリリースいたしました。

この機能では、「よく行く駅」と「年代」を入れるだけで同様の特徴を持った人がどこに多く住んでいるかを地図上で感覚的に把握することができます。特徴は2種類まで設定することができるため、例えば、平日と休日の生活の違いで種類を組み合わせる、一緒に住む人の特徴を組み合わせるなどして、ちょうど良い候補地を探すことができます。
また、ドコモの位置情報・属性情報を元にモバイル空間統計(R)/di-PiNK DMP(※)の技術を応用して、ユーザーの特性に適した居住候補地の提案を実現しております。これにより、自分の持つ情報のみにとらわれず、土地勘のない地域や知らなかった地域を候補地として見つけることができるようになります。
※「モバイル空間統計」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「di-PiNK」は株式会社ドコモ・インサイトマーケティングの登録商標です。

住み替えには多くの費用や時間がかかり、様々な不安や知らないことがあります。私たちはこのような不を解消し、希望するライフスタイルを叶えられるよう、多くの選択肢の中から住まいを選べる仕組みをこれからも提供していきたいと考えています。

LIFULLグループは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、より多くのみなさまの暮らしを安心と喜びで満たす、住生活情報サービスを提供してまいります。


■株式会社LIFULLについて (東証第一部:2120、URL:LIFULL.com/)
LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、現在はグループとして世界63ヶ国でサービスを提供しています。
主要サービスである不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」をはじめ、空き家の再生を軸とした「LIFULL地方創生」、シニアの暮らしに寄り添う「LIFULL介護」、ママの子育てと仕事の両立を支援する「LIFULL FaM」など、 人生・暮らしを豊かにするさまざまな領域に事業拡大しています。
LIFULLグループは、より多くの人が心からの安心と喜びを得られる社会の実現のため「世界一のライフデータベース & ソリューション・カンパニー」 を目指します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング