Unityの高精細3DグラフィックスをMRコンテンツ化できるプラグインソフトウェア「MR Plug-in for Unity」を発売。

PR TIMES / 2013年6月18日 10時39分

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田 和則、以下キヤノンITS)は、Unity Technologies社製ゲームエンジン「Unity」で作成した高精細3Dグラフィックスを MR(Mixed Reality)システム「MREAL」(エムリアル)で現実映像と融合表示する、Unity向けプラグインソフトウェア「MR Plug-in for Unity」を、2013年6月18日より発売します。
また、本商品を活用したソリューションを6月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催される「第21回 3D&バーチャル リアリティ展」に出展します。




「MR Plug-in for Unity」をUnityに追加し、Unityで作成した高精細3DグラフィックスをMREALで見ることで、ユーザーの自由な視点で現実世界の中に動きのあるリアルな3Dグラフィックスを浮かび上がらせることが可能になります。
Unityがターゲットとするゲーム等のエンターテインメント用途のみならず、高精細CGによる車両・航空機等の大型製品や建築物のデザインレビュー、生産設備の検討、乗用車や家電製品のバーチャルショールーム、博物館等での絶滅動植物や古代建造物の復元展示など、幅広い用途でMREALを活用できます。

■ コンテンツ制作の作業効率を大幅に向上
Unityで作成した高精細3Dグラフィックスを手軽にMREAL用コンテンツに変換。コンテンツ制作の作業効率を大幅に向上します。

■ Unityの無い環境でもコンテンツを再生可能
作成したコンテンツは、実行可能形式(EXE)の単独ファイルに変換。UnityをインストールしていないPCでもMREALで再生、閲覧できます。

■ 第21回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR)に出展
6月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催される、アジア最大級の3D技術・映像技術の展示会「第21回 3D&バーチャル リアリティ展」に、「MR Plug-in for Unity」を活用したMREALのソリューションを出展します。
http://www.canon-its.co.jp/seminar/20130619mr.html

[価格]
製品名:MR Plug-in for Unity
価格:60万円(税別)
発売日:2013年6月18日

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング