国内の規格認証実績No.1(※1)のBSIジャパン、「ISO50001(エネルギーマネジメントシステム)」ANAB認定を取得

PR TIMES / 2013年3月1日 17時42分

 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、2013年2月25日に、ANAB(米国の規格認定機関)から「ISO50001(エネルギーマネジメントシステム)」の審査登録機関としての認定を取得しました。BSIジャパンは、2011年12月16日にJAB(日本の規格認定機関)による初めての認定を受けており、今回のANABからの認定により、JAB及びANABのどちらの認証書も発行できるようになります。
 I

 SO50001は、世界で約900組織が認証取得おり、組織のエネルギー効率の改善とコストの削減を目的とした国際規格です。
 

 世界最大のエネルギー消費国である米国と中国が、このISO50001の発行準備に注力しており、エネルギー効率の改善(省エネ)に幅広く活用されています。
 

 日本国内においては、2011年3月11日の東日本大震災以降、多くの組織及び社会において、節電を含む省エネへの切実な取り組みが求められています。2011年5月13日には、経済産業省の電力需給緊急対策本部から「夏季の電力需給対策について」が発表され、その中で、省エネ対策の一つとしてエネルギーマネジメントシステム(ISO50001)について言及されました。

 BSIジャパンは、これまで行ってきたISO50001の審査実績を活かし、ISO50001の認証サービスとトレーニングサービスを通じて、エネルギー効率の改善(省エネ)に貢献していきます。
※1:BSIグループジャパン調べ


<ISO50001導入事例>
 BSIジャパンのホームページでは、ISO50001 をBSIジャパンより認証取得した株式会社山崎砂利商店(滋賀県大津市 代表取締役 山崎 公信 、以下山崎砂利商店)の事例(ケーススタディ)をご紹介しています。


 山崎砂利商店では、ISO50001を導入することで、プラント(工場)・部署ごとに実施されていたエネルギー使用の効率化(省エネ)の取り組みを、全社で体系的に展開することを目指されています。


下記のWebよりダウンロードいただけます。
http://www.bsigroup.jp/casestudy_ISO50001


ANABについて
ANAB (ANSI-ASQ National Accreditation Board)米国適合性認定機関米国品質協会(ASQ)による認定機関(RAB)が前身となり、1996年、ISO14000規格のリリース時に ANSI(American National Standards Institute)との協力関係を結び、ANABとして設立。
 認定機関は、BSIのような認証機関が、ISO/IEC 17021(適合性評価-マネジメントシステムの審査及び認証を提供する機関に対する要求事項)に適合しているか、を審査し、認定登録をする機関のことです。
URL:http://www.anab.org/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング