Android‐依然として最多のホスト攻撃

PR TIMES / 2014年5月7日 9時22分

2014年第1四半期の新たなモバイル脅威の大半はAndroidユーザをターゲットとし、サイバー犯罪者は、これまでにないAndroidプラットフォームでの数々の脅威によってその現状を「刷新」しました。

ヘルシンキ発 - フィンランド本社発表資料抄訳

エフセキュアの最新版モバイル脅威レポートによれば、2014年第1四半期にエフセキュアラボが検出した新たなモバイル脅威の99%以上がAndroidユーザを標的にしていました。検出された新種の脅威ファミリーとその亜種277件のうち、275件がAndroidを標的にし、iPhoneとSymbianはそれぞれ1件ずつでした。前年同期を見てみると、新種の脅威ファミリーとその亜種は149件で、Androidを標的としていたのは、その91%でした。

2014年第1四半期ではこれまでにはなかったAndroidマルウェアが多数検出されています。これは、モバイル環境における脅威が精巧さと複雑さの面で進化し続けていることを示しています。当概四半期には、Litecoinなどの仮想通貨を採掘するためにデバイスをハイジャックする、暗号通貨(クリプトカレンシー)のマイナー(採掘者)が初めて確認されました。またブートキットも初めて見つかっています。これはデバイスの起動ルーチンの最初期段階で打撃を与える、検出や駆除が極めて困難なものです。さらにTorトロイの木馬や、Windowsでのインターネットバンキングを狙うトロイの木馬も初めて確認されています。

エフセキュアラボで主席研究員を務めるミッコ・ヒッポネンは次のように述べています。「こうした進化はマルウェアの作成者が目指す方向に同調している兆候を示しています。今後数カ月のうちにもっと多くのことが判明するはずですが、たとえば、携帯電話がますます高度になることで、サイバー犯罪者がこれらを利用し、暗号通貨を採掘して利益を手にすることが可能になっているのです。」

エフセキュアが第1四半期に評価した中で、英国が最も多くのモバイルマルウェアに遭遇し、ユーザ1万人当たり15~20ファイル(500人当たり1ファイル)のマルウェアファイルがブロックされました。米国、インド、ドイツでは、それぞれ1万人につき5~10のマルウェアがブロックされ、サウジアラビアとオランダでは、1万人につき2~5のマルウェアがブロックされています。

悪質な作為

デバイスに感染するとモバイル脅威はどのような悪意ある行為を行うでしょうか。本レポートでは、モバイルを狙うトロイの木馬の83%がプレミアム課金用の番号、またはSMSベースの購読サービスにSMSメッセージを送信しており、これが悪質なアクティビティの中で最も一般的であることがわかっています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング