キングソフト、総合オフィスソフト「WPS Office」の待望のMac版「WPS Office for Mac」を正式リリース

PR TIMES / 2019年10月9日 15時25分

https://www.kingsoft.jp/office/mac

キングソフト株式会社(代表取締役社長:馮 達、本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、総合オフィスソフト「WPS Office」のMac版「WPS Office for Mac」を正式リリースいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/13957/176/resize/d13957-176-454276-7.jpg ]



【軽量なソフトウェアサイズで、高い互換性を再現】


[画像2: https://prtimes.jp/i/13957/176/resize/d13957-176-899439-0.png ]

「WPS Office for Mac」は、約710MBと軽量なソフトでありながら、ワープロ、スライド資料、表計算が一つになった総合Officeソフトです。Microsoft Officeとの高い互換性を実現し、共有されたファイルの閲覧、編集などをスムーズに行うことができます。操作画面もMicrosoft Officeと近しいインターフェイスを採用しており、初めてWPS Officeを使う方でもすぐに直感的な操作ができるようになっています。


【日本語フォントを多数収録】


[画像3: https://prtimes.jp/i/13957/176/resize/d13957-176-665519-1.png ]


「WPS Office for Mac」には、日本語フォント11書体(29種類)を基本フォントとして収録しています。
これにより、OSやOfficeソフトの違いによるレイアウトのズレを少なくすることが可能です。



【ひとつのウィンドウですべての形式のファイルを表示可能】


[画像4: https://prtimes.jp/i/13957/176/resize/d13957-176-756820-2.png ]


通常のOfficeソフトは、文書作成、スライド資料、表計算、PDFといったファイルの形式別にウィンドウが立ち上がりますが、「WPS Office for Mac」は、全ての形式のファイルをひとつのウィンドウ内でタブ表示することで、デスクトップやDockをシンプルに利用でき、効率的な作業をサポートします。



【「WPS Office for Mac」Writer(文書作成)】


[画像5: https://prtimes.jp/i/13957/176/resize/d13957-176-158773-3.png ]

文書ファイルを作成する事ができる、「WPS Office for Mac」のWriterは、一般的な文書作成はもちろん、「画像・図形・表の挿入」、「ルーラーやグリッド線の表示設定」や「校閲機能」といった充実の機能で、レポートやビジネス文書の作成をサポートします。グラフの挿入や組織図のレイアウト機能も充実しており、文書作成の幅を広げることが可能です。


【「WPS Office for Mac」Presentation(スライド作成)】


[画像6: https://prtimes.jp/i/13957/176/resize/d13957-176-779931-5.png ]

スライド作成に特化した「WPS Office for Mac」のPresentationは、文字や図形・画像の自由な位置へのレイアウトをはじめとして、多彩なアニメーション設定やデザインテンプレート、発表者用の「ノート機能」も搭載しています。魅力的な資料作成はもちろん、実際のプレゼンテーションまで総合的にサポートします。図形も画像も、思いのままに編集できるので、Presentationだけで作業を完結できます。


【「WPS Office for Mac」Spreadsheets(表計算)】


[画像7: https://prtimes.jp/i/13957/176/resize/d13957-176-298998-4.png ]

「WPS Office for Mac」のSpreadsheetsは、表計算ソフトです。SUMやIFといった300種類以上の関数を搭載し、「自動フィルタ」や「ピボットテーブル」などの本格的な表計算機能を備えています。表計算に必要な機能の他に、画像の挿入やレイアウト、校閲といった機能も充実しているため、数値やデータの集計・分析、報告資料作り、といった作業をサポートします。


【「WPS Office for Mac」PDF(PDF閲覧・加工)】


[画像8: https://prtimes.jp/i/13957/176/resize/d13957-176-166822-6.png ]

「WPS Office for Mac」PDFでは、PDFファイルの閲覧のほか、PDFファイル内の、テキストデータへの「ハイライト機能」や「下線、取り消し線の追加」、「テキストの挿入」などの加工機能を備えており、PDFファイルを自由に閲覧編集する事ができます。


【「WPS Office for Mac」製品版リリース開始】

「WPS Office for Mac」はキングソフト公式オンラインショップにて2019年10月9日(水)より販売開始いたします。価格は3,480円。競合製品と比べ、圧倒的に手頃な価格で提供いたします。
リリースを記念して、今だけ最大60日間無料で使える、「WPS Office for Mac」2ヶ月無料体験版を提供します。是非この機会に「WPS Office for Mac」をインストールし、ご利用ください。

▶「WPS Office for Mac」の詳細はこちらから
https://www.kingsoft.jp/office/mac


キングソフト株式会社について

中国の大手 IT 企業「KINGSOFT CORPORATION」のジョイントベンチャーとして 2005 年に設立された総合インターネット 企業。無料セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security」や総合オフィスソフト「WPS Office」を 展開し、業界でトップクラスのシェアを獲得。その後、スマートフォン市場へと事業の幅を広げ、全世界で1億ユーザー を誇るライブ配信アプリ「LiveMe(ライブミー)」、総合フィットネスアプリ「FYSTA(フィスタ)」などを次々とリリース。 2018 年度からはタレントマネジメントや自社アイドルのプロデュースをおこなう「KS Production」の設立や、インフルエンサ ーと企業をつなぐプラットフォーム型メディア「MatchNow」をリリースするなど、エンタメ事業へも本格参入。2019年には、大ヒットリズムゲーム「ピアノタイル2」の正規日本版である「ピアノタイルステージ」をリリースし躍進を続けています。

キングソフト株式会社
URL: http://www.kingsoft.jp
本社: 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
設立: 2005年3月
資本金: 6億1920万円(資本準備金を含む)
従業員数:96名(2019年4月時点)
代表者: 代表取締役社長:馮 達
*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング