インフォコム、「国際モダンホスピタルショウ2012」において、医療機関向け新ソリューションを発表

PR TIMES / 2012年7月4日 18時48分



~中期経営計画の重点事業領域における取組みを紹介、「薬剤師病棟配置加算支援システム」や「手術部門システム」、タブレット端末を活用した患者説明ツール等を出展~

詳細は、下記URLをご参照ください。
http://www.infocom.co.jp/info/press/2012/p12070401.html



インフォコム株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 竹原 教博、以下インフォコム)は、7月18日(水)から20日(金)に開催される「国際モダンホスピタルショウ2012」(開場:東京国際展示場:東京ビッグサイト)に、当社ヘルスケア事業で取り扱う、今回初めてご紹介する新ソリューションをはじめ、「診療情報管理」「薬剤情報管理」「放射線/医用画像」システム等の主力ソリューションをご紹介するブースを出展いたします。


インフォコムは、平成25年3月期を初年度とする中期経営計画(平成24年2月6日公表)において、医療機関や製薬企業、健康保険組合向けにITサービスを提供するヘルスケア事業を重点事業領域の一つに位置付け、製品機能強化や品質の向上、競争力の強化に取り組んでいます。

医療機関向けITサービスでは、医療の質向上を目指し、「診療録管理」、「薬剤情報管理」、「経営支援」、「診療支援」、「放射線・医用画像」分野の広範囲な医療情報を有効に活用したソフトウェア製品やソリューション、情報サービス、および、それらを補完するユニークで価値が高いソリューションとその将来像等の情報を提供しており、多くの医療機関の診療/放射線/手術/薬剤管理/診療情報管理/経営管理等の部門においてご利用いただいております。



今回の「国際モダンホスピタルショウ2012」には、
▼手術部門を幅広くサポートする「手術部門システム」
▼本年度新たに診療報酬として追加された「薬剤師病棟配置加算支援システム」
▼「iPad活用による患者説明ツール」
▼「病院事務部門向け証憑管理システム」
▼薬剤師の処方監査業務を支援する「処方監査支援コンテンツ」
等の新しいソリューションや、
▼昨今多発する自然災害発生時の職員への緊急連絡や安否確認のためのソリューション
等をご紹介いたします。

また、バージョンアップした「診療情報管理」システムや「薬剤情報管理」システム、「放射線/医用画像」システム等の主力ソリューションをご用意し、展示会場の「A-1」ブースにてお待ち申し上げておりますので、お気軽にお越しください。
※ご来場のお申し込みは、「国際モダンホスピタルショウ2012」ホームページからご登録ください。
http://www.noma.or.jp/hs/2012/index.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング