世界チャンピオン16回!氷彫刻の技と高さ3メートル!巨大な金魚鉢の世界。2018夏 涼を呼ぶ職人たち

PR TIMES / 2018年7月11日 14時1分

毎週木曜日よる9時からテレビ東京系列で放送中の「和風総本家」(テレビ大阪制作)。「ニッポンっていいな」をテーマに、日本の素晴らしさを再発見する番組。

2018年7月12日(木)21:00~21:54「和風総本家」
美しいニッポンを作る!2018涼を呼ぶ職人たち

“美しいニッポン”を作る職人たち。中でも涼やかな夏を作る職人の技に注目。世界一の氷彫刻にびいどろ、
そして着物をガラスで閉じ込めた和硝子を作る伝統技に迫ります。



2018年の夏を涼やかに彩る職人たち。その1人がホテルニューオータニで働く氷彫刻の職人。彼は同じ氷彫刻の世界で第1人者だった父の背中を追い続け技を磨き、ついには世界大会で16度もチャンピオンになるまでに。その技はチェーンソーで大胆に、そして繊細に。透明な氷を細かく彫ることで質感を生み出す。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20945/189/resize/d20945-189-204909-5.jpg ]

そして現れた作品は?

[画像2: https://prtimes.jp/i/20945/189/resize/d20945-189-962206-1.jpg ]

見るものを魅了する氷彫刻の技に注目。

そしてカラフルな美しさが特徴のガラス“津軽びいどろ”。そんな伝統の津軽びいどろの製法をさらに進化させ
新たなモノを生み出す職人さんが…。
[画像3: https://prtimes.jp/i/20945/189/resize/d20945-189-363666-6.jpg ]

数種類の細かく砕いた色ガラスを用い、表面に思わずうっとりするような華やかな線を描いていく。

[画像4: https://prtimes.jp/i/20945/189/resize/d20945-189-701103-7.jpg ]

そこには職人たちの驚くべき技があった。

他にも古い着物をガラスで閉じ込めて作る「和硝子」。
[画像5: https://prtimes.jp/i/20945/189/resize/d20945-189-919142-3.jpg ]

平安時代から続く伝統工芸「大洲和紙」とフランスのある技術を組み合わせた美しい和紙の製品。

[画像6: https://prtimes.jp/i/20945/189/resize/d20945-189-591741-4.jpg ]

さらには夏を彩る新定番、大量の金魚で涼を演出する「アートアクアリウム」製作に密着!夏のニッポンを美しく作り上げる職人たちの技に迫る。

[画像7: https://prtimes.jp/i/20945/189/resize/d20945-189-255170-0.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング