阪神電車みつばちプロジェクト 阪神電鉄と白鶴酒造がコラボレーション 六甲山の蜂蜜を原料としたミード(蜂蜜酒)を4月23日から発売!

PR TIMES / 2014年4月10日 16時26分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)と白鶴酒造株式会社(本社:神戸市東灘区、社長:嘉納健二)では、阪神電車みつばちプロジェクトの新商品として、六甲山で採れた天然蜂蜜と六甲山系の伏流水を用いたお酒「白鶴 ミード(蜂蜜酒)」を150本限定で製造し、4月23日から神戸市東灘区の白鶴酒造直営店2か所で販売するほか、4月25日と26日の二日間限定で、阪神百貨店梅田本店の地下食品売場でも発売します。



阪神電気鉄道 → http://www.hanshin.co.jp/

この「白鶴 ミード」は、当社の養蜂により六甲山で採れた天然蜂蜜と、六甲山系の伏流水を用いて白鶴酒造が醸造したもので、甘酸っぱい味わいが特長のお酒です。「ミード」は、日本ではなじみが薄く、白鶴酒造においても初の生産となるお酒ですが、14000年前から存在する世界最古の酒と言われており、ヨーロッパでは広く親しまれています。
今回の企画は、阪神電車みつばちプロジェクトに深く関わり、去る1月に急逝された俵養蜂場 前代表取締役 俵孝氏が生前、「ミードの製造に挑戦してみたい」との熱意を示され、当社が地元神戸に本社を構える白鶴酒造に話を持ちかけ、1年半以上もの研究開発・商品企画等を経て実現したものです。
阪神電車みつばちプロジェクトには、「みつばちが元気に暮らせる自然と、おいしい蜂蜜を召し上がった方の笑顔があふれる阪神沿線に。」との願いを込めており、今回の企画も神戸の更なる活性化につながるものと考えています。
「白鶴 ミード(蜂蜜酒)」の概要
(1)商品名 : 「白鶴 ミード(蜂蜜酒)」495ml瓶詰

(2)予定小売価格 : 3,200円(税抜)

(3)販売場所及び販売開始日 :
【2014年4月23日から】
 ・御影クラッセ1階『白鶴御影MUSE(ミューズ)』(神戸市東灘区)
 ・白鶴酒造資料館(神戸市東灘区)
【2014年4月25日、26日限定】
 ・阪神百貨店梅田本店 地下1階 阪神食品館和洋酒売場

(4)商品の特長 :
蜂蜜生まれの柔らかな甘み、ほどよい酸味が特長です。食前酒として、また、食後のひとときに、よく冷やしてストレートかロックでお楽しみください。(アルコール分16%)


阪神電気鉄道 http://www.hanshin.co.jp/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング