分譲マンション「ザ・レジデンス水戸」概要決定(ニュースリリース)

PR TIMES / 2012年1月26日 12時3分



 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区、社長:大野直竹)は、現在、茨城県水戸市大工町において分譲マンション「ザ・レジデンス水戸」を建設中ですが、概要が決定しました。

当社では「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、より資産性が高く、社会やお客さまにとってより付加価値の高いマンションの供給を目指し、事業を推進しております。
茨城県においては、1981年より10棟975戸を供給。水戸市においては2004年より4棟274戸を供給しています。
 当社は今回、街なか居住の促進と市街地環境の向上を推進する水戸市の再開発事業の一端を担い、新しく生まれ変わる中心市街地での分譲マンション「ザ・レジデンス水戸」を販売することになりました。

ポイント
1.街なか居住に適した好立地
2.万が一に備えた防犯・防災対策
3.多様な居住ニーズに対応した2つのコンシェルジュサービス

1.「大工町1丁目地区第一種市街地再開発事業」について
 水戸市大工町1丁目地区は、再開発着手前までは老朽化した非耐火建物が点在し、平面駐車場や空地も多く見受けられるなど、土地の高度利用や用途変換、防災対策が遅れていたため、周辺地域から再開発が望まれていました。そこで、地域の権利者が集まり、2001年、大工町1丁目地区市街地再開発組合が設立されました。
 2009年、当再開発組合は特定業務代行方式の導入を決定し、2010年、特定業務代行者として株式会社長谷工コーポレーション、株木建設株式会社を選定。2011年4月より建設工事に着手。その後、当社は大工町1丁目地区市街地再開発組合より保留床を購入し、分譲マンション「ザ・レジデンス水戸」を販売することになりました。
 なお、当再開発事業では、「ザ・レジデンス水戸」とあわせて、ホテル棟・業務棟・駐車場棟との一体開発を行っています。

2.街なか居住に適した好立地
 本物件は、「東京駅」への高速バスも利用できる「大工町」バス停まで徒歩2分、茨城県の玄関口であるJR常磐線「水戸駅」までバスで約8分(※1)という、利便性の高い場所に建設されます。
 また、周辺には「千波湖」(徒歩16分)や「偕楽園」(徒歩9分)など自然環境豊かな公園だけではなく、「京成百貨店」(徒歩8分)や「水戸芸術館」(徒歩9分)などの商業・文化施設もあり、街なかの生活利便と自然環境の両立が図れます。
※1.待ち時間、乗換時間は含まず。

●主な公共機関・生活利便施設
<交通機関>    「大工町」バス停        徒歩2分(約160m)
<生活利便施設>  セイブ大工町店         徒歩4分(約250m)
          サンユーストアーまちなか大工町 徒歩5分(約340m)
          京成百貨店           徒歩8分(約570m)
<公共施設>    水戸警察署 大工町交番     徒歩4分(約260m)
          水戸大工町郵便局        徒歩5分(約330m)
          茨城県立歴史館         徒歩13分(約1010m)
          水戸市立中央図書館・博物館   徒歩15分(約1150m)
<教育機関>    水戸市立五軒小学校       徒歩10分(約780m)
          水戸市立五軒幼稚園       徒歩12分(約960m)
          水戸市立第二中学校       徒歩28分(約2170m)

3.万が一に備えた防犯・防災対策
 本物件は、防犯対策として、大和ハウスグループ会社の株式会社ダイワサービスの24時間戸別管理システム「ホームサット24」を導入します。玄関ドアと開閉するすべての窓(※2)を対象に、不審者の侵入を感知する防犯センサーを設置。防犯セット時にセンサーが感知すると、音声で知らせると同時に異常信号が「ホームサット24集中監視センター」に自動送信され、警備会社や関連機関が迅速に対応します。
 また、防犯カメラをエレベーター内やエントランスホール、駐車場内等に設置し、防犯性を高めました。
 防災面では、「ザ・レジデンス水戸」・ホテル棟・業務棟の中央を通る自由通路内に、災害時に炊き出し用のかまどになる「かまどベンチ」や、組み立て式の簡易トイレ「非常用マンホールトイレ」、「仮設風呂」、飲料水用の井戸を設置します。マンション入居者だけでなく、近隣生活者の防災拠点としても機能します。
※2.FIX窓を除く。

4.耐震性、省エネ性、断熱性に優れた構造とオール電化・「エコキュート」を採用
 本物件は、「馬の背台地」と呼ばれる頑強な地盤の上に建設します。また、建物自体の耐久性能を向上させるために、基礎下部には31本の杭を地下約18~22mの支持層まで打設します。
 省エネ性については、住宅性能表示制度の省エネルギー等級において最高等級「4」に相当する断熱性を確保しています。さらに、外気に面する柱・梁・壁の内側にも断熱材を充填することで、断熱性能を高めました。
 加えて、本物件ではオール電化を採用しました。空気の熱でお湯を沸かすヒートポンプ式の高効率給湯器「エコキュート」、「IHクッキングヒーター」の採用により、ライフサイクルコストを削減することができます。
 特に「エコキュート」は、非常時に貯湯タンク内のお湯(水)を非常用水(※3)として利用することもできます。
※3.飲料用には使用できません。

5.多様な居住ニーズに対応した2つのコンシェルジュサービス
 本物件では、1階エントランスホールにコンシェルジュカウンターを設け、インフォメーションサービスをはじめ、宅配物などの手配、クリーニング、ハウスクリーニングなどの取次ぎや紹介サービス等を行います。
 あわせて、電話やインターネットを介して12,600種類以上のサービスを利用できる株式会社ダイワサービスによる県内初のコンシェルジュサービス「ホームサットプレミアム」を利用できます。介護や育児の相談から水まわりや電気設備のトラブルまで様々な入居者のご要望に対応します。

6.多彩なプランバリエーション
 本物件は、全住戸を南向きに配置しました。また、高台に立地しているため、上層階の一部の住戸からは、「千波湖」や「偕楽園」を望むことができ、夏には「水戸黄門まつり花火大会」を鑑賞することもできます。
 間取りは、シングルから子育てファミリー世帯、シニア世帯までの幅広いお客さまにご満足いただけるよう、専有面積55.15m2 (2LDK)~100.60m2 (4LDK)の多彩なプランを用意しました。
 中庭には庭園を設け、建物周辺の緑化には、茨城県内の「ソメイヨシノ」や「サルスベリ」、「コブシ」、「ヒメシャラ」を植樹し、筑波山から採掘される「筑波石」を使い、地場産材による美しい都市景観を創出しています。

7.平面・自走式駐車場で駐車場設置率100%を確保(各戸1台分)
 本物件では、平面・自走式駐車場を各戸1台以上の計102台分用意しました。機械式駐車場と比べ、乗り降りがスピーディーで駐車も容易に行うことができます。
 また出入り口にはシャッターゲートと防犯カメラを設置し、防犯面にも配慮しています。

■「大工町1丁目地区第一種市街地再開発事業」のホテル棟・業務棟について
 「大工町1丁目地区第一種市街地再開発事業」では、本物件のほかに、地上10階・地下1階建のホテル棟と地上7階・地下1階建の業務棟が同時に開発されます。
 ホテル棟は、161の客室とチャペルや宴会場、レストランを備えたブライダルホテルとして、再開発組合とアールエヌティーホテルズ株式会社が提携して運営準備を進めています。
 業務棟は、複数の診療所を複合させたクリニックモール、ドラッグストアやミニスーパーなどの商業施設、オフィス施設の誘致を目指しています。
 また、本物件と併設する5層6段式の駐車場棟は、ホテル棟・業務棟の利用者や近隣住民に気軽に利用してもらえるよう288台分(マンション入居者用:102台分含む)の駐車場を整備しました。

【建物の概要】
物件名称 :「ザ・レジデンス水戸」
所 在 地 :茨城県水戸市大工町1丁目160番3(地番)
交  通 :JR常磐線「水戸駅」徒歩25分
      ※「大工町」バス停よりバス利用で約8分
(待ち時間、乗換時間は含まず)
敷地面積 :3,974.75m2
延床面積 :15,767.09m2
構造・規模 :鉄筋コンクリート造 地上15階地下1階建
売  主 :大和ハウス工業株式会社
施  工 :長谷工・株木建設共同事業体
着  工 :2011年3月31日
販売開始 :2012年2月下旬(予定)
竣工予定 :2013年2月下旬(予定)
総 戸 数 :100戸(非分譲住戸1戸/別途管理室1戸)
専有面積 :55.15m2 (2LDK)~100.60m2 (4LDK)
予定販売価格 :1,500万円台(55.15m2 )~4,900万円台(100.60m2 )
予定最多価格帯:2,700万円台
お客さま
お問い合わせ先:ザ・レジデンス水戸 販売準備室
 TEL     :0120-060-215
 営業時間  :10:00~19:00(火・水曜定休、祝祭日除く)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング