Web学習管理システム『ScoreBook』の機能強化を行いVersion3.20の提供開始!

PR TIMES / 2012年2月14日 11時14分



eラーニングシステムを開発する株式会社テンダ(本社 東京都豊島区)は、2012年2月14日よりLMS(ラーニングマネジメントシステム)である「ScoreBook (スコアブック)」(http://www.tepss.com/dojo/scorebook/)Version3.20の提供を開始します。

今回のバージョンアップでは、多言語対応とマニュアル・eラーニングコンテンツとの連携強化を行っています。

【ScoreBook Version3.20で強化された機能】

1)多言語対応機能
ScoreBook本体の表記を、履修者側で英語と中国語に切り替えることができるようになりました。これにより、外資系企業の日本法人様はもちろん、海外に拠点を持つ日本の企業様にも注目いただける製品に成長いたしました。

さらに、外国人向けのマニュアル・eラーニングコンテンツも「ScoreBook」1つで管理、履修できることから「日本国内で外国人を雇用されている企業様の教育強化」という点でも、ご利用の幅が広がります。
 

2)多方面のマニュアル・eラーニングコンテンツとの連携強化
DojoやScoreBookに限らず、様々な形式のマニュアル・eラーニングコンテンツの学習が可能となりました。これにより、既にお持ちのマニュアル・eラーニングコンテンツを使って、今すぐに「ScoreBook」で学習を始めることができます。さらに、形式にとらわれることなく教材を管理・学習できるため、教材の幅が広がります。


■■ScoreBookとは?■■ http://www.tepss.com/dojo/scorebook/
ScoreBookは、Dojoユーザーのニーズが生み出した」“現場力向上”“周知徹底”“管理業務簡略化”を簡単に実現するための学習管理システムです。Dojoで作成した学習教材をWebから簡単に進捗管理できます。新会社法・日本版SOX法など企業ガバナンスおよび内部統制の強化は、Dojoのコンテンツを用い、周知徹底を実現するための“手段”である、ScoreBookでこそ実現可能です。


■■Dojo(道場)とは?■■ http://www.tepss.com/dojo/
Windows上でアプリケーションの操作を行うだけで、自動でマニュアルやeラーニング教材が作成できるマニュアル・教材作成ソフトウェアです。マニュアル作成の工数を50%以上削減でき、経費節減かつ業務効率向上を実現できるとして支持を受け、現在約1600社の企業様にご導入いただいています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング