迫力のサウンドを自分好みに進化 タッチ操作もカスタマイズできるスマートな完全ワイヤレスイヤホン 「JBL LIVE300TWS」に追加カラーが登場

PR TIMES / 2020年7月21日 17時40分

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」より、専用アプリからイコライザーによるサウンドのチューニング、イヤホン本体操作のカスタマイズなどが可能な完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS(ライブ 300 トゥルーワイヤレス)」に、すでに発売中の“ブラック”、“ブルー”に“ホワイト”、“パープル”の2色を追加。JBLオンラインストア(www.JBL.com)をはじめとする全国のJBL製品取扱店にて、7月31日(金)より発売いたします(7月21日(火)より予約販売開始)。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12767/211/resize/d12767-211-710772-0.png ]

「JBL LIVE300TWS」は、専用アプリケーション“My JBL Headphones”を使用することで様々な設定を行うことができる、スマートな完全ワイヤレスイヤホン。
新設計φ5.6mmドライバーから再生される力強い低音とクリアな高音で、メリハリの効いた迫力のあるJBLサウンドをより自分好みに調整・進化させることができるイコライザー機能や、必要な際に瞬時に周囲の環境音を取り込むことができるアンビエントアウェア機能、イヤホンを耳から取り外すことなく会話をすることができるトークスルー機能などをアプリ上から操作することができます。また、イヤホン本体のタッチ操作や、Google アシスタント、Amazon Alexaといったボイスアシスタント機能の活用も可能。サウンドも操作感もすべて自分好みにカスタマイズできる、完全ワイヤレスイヤホンです。

連続再生時間は最大約20時間(イヤホン本体は約6時間再生可能、充電ケースはフル充電でイヤホンに14時間分の充電が可能)。また、わずか10分の充電で約1時間の再生ができる便利な急速充電機能を装備。そして、運動による汗や突然の降雨の際も安心な防水性能(IPX5)対応など、音楽と過ごす毎日に心強い多彩な機能を備えています。

今回追加となるカラーは“ホワイト”と“パープル”の2色。すでに発売中の“ブラック”と“ブルー”と合わせて、4色のカラー展開となり、ご自身のお好みやファッションに合わせてお選びいただけます。

専用アプリで、自分好みにサウンドも操作方法も簡単にカスタマイズできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」を、お気に入りの音楽とともに、ぜひお愉しみください。

【特長】
■追加カラーは“ホワイト”、“パープル”の2色
すでに発売中の“ブラック”と“ブルー”と合わせて、4色のカラーをご用意。ご自身のお好みやファッションにあったカラーをお選びいただけます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12767/211/resize/d12767-211-961444-4.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/12767/211/resize/d12767-211-549176-5.png ]


■専用アプリ“My JBL Headphones”で自分だけのイヤホンに
専用アプリからイコライザーの設定や作成、オートオフ機能のオン/オフやタッチ等操作の設定、Google アシスタントまたはAmazon Alexaのデフォルト設定や「イヤホン本体を見つける機能」の利用などが可能です。各種カスタマイズで自分だけのLIVE300TWSをお楽しみください。
[画像4: https://prtimes.jp/i/12767/211/resize/d12767-211-705451-6.png ]


このアプリからは、以下の設定が可能です。
・アンビエントアウェア機能のオン/オフ
・トークスルー機能のオン/オフ
・タッチ操作の設定
・自動再生/一時停止機能のオン/オフ
・オートオフ機能のオン/オフ
・Googleアシスタント、またはAmazon Alexaのデフォルト設定
・イヤホン本体を見つける機能
・サウンドイコライザー

■高音質をさらに自分好みに調整、サラウンドイコライザー
新設計φ5.6mmドライバーを搭載。JBLらしい力強い低音とクリアな中高域で音楽をお楽しみいただけます。さらに、アプリからサウンドイコライザーによる調整が可能。“JAZZ”、“VICAL”、“BASS”の3つのプリセットに加え、自身の好みに合わせたイコライザー“マイEQ”もセットできるので、聴く曲や気分に合わせたサウンドカスタマイズが可能です。
[画像5: https://prtimes.jp/i/12767/211/resize/d12767-211-306738-10.png ]


■ハンズフリー通話に加え、アンビエントアウェア、トークスルー機能対応
リスニングに集中している間でも、必要な時に瞬時に周囲の環境音を取り込むことができるアンビエントアウェア機能、そして本体を耳から取り外すことなく会話をすることができるトークスルー機能を搭載。用途に合わせて、アプリ上から設定を切り替えて各機能を選び、お使いいただけます。また、デュアルマイク採用により、クリアな音声通話が可能。タッチコントロールで音楽再生中にもすぐにハンズフリー通話に切り替えることができるので、接続されたスマートホン本体を取り出す手間なく着信に対応することができます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/12767/211/resize/d12767-211-562079-15.jpg ]


■ボイスアシスタント機能対応
アプリの事前設定でGoogle アシスタントまたはAmazon Alexaのご使用が可能。タッチ操作で簡単に起動することができるため、スマートホン本体を操作することなくボイスアシスタント機能を利用することができます。
[画像7: https://prtimes.jp/i/12767/211/resize/d12767-211-688047-16.png ]


■もしものときでも安心、本体を見つける機能搭載※
接続したスマートホンからイヤホン本体までのBluetoothの範囲内で、アプリのメニュー「イヤホン本体を見つける」をタップするとイヤホン本体からビープ音が鳴り、場所を知らせてくれる機能を搭載。万が一、自宅内で紛失した際などに便利です。

■最大約20時間※のワイヤレス再生
イヤホン本体は、約2時間の充電で最大約6時間のワイヤレス再生。さらに、充電ケースにイヤホンを収納すれば最大約14時間分の充電をすることができ、合計で最大約20時間の音楽再生が可能です。また、約10分の充電で、最大約1時間の音楽再生が可能な急速充電機能に対応しています。
[画像8: https://prtimes.jp/i/12767/211/resize/d12767-211-125232-17.png ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/12767/211/resize/d12767-211-164126-18.png ]


■防水機能(IPX5)対応
イヤホン本体はIPX5の防水機能に対応。突然の降雨などのときでも安心です。もちろん汗にも強く、ウイング付きスタビライザーと合わせれば、スポーツ時のイヤホンとしても快適に使用することが可能です。

【主な仕様】
製品名:JBL LIVE300TWS
タイプ:Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン
カラー:ホワイト、パープル
Bluetooth:バージョン5.0 ※伝送範囲:Class2
対応プロファイル:A2DP v1.3、AVRCP v1.5、HFP v1.6
ユニット:5.6mm径ダイナミック型ドライバー
周波数特性:20Hz-20kHz
対応コーデック:SBC、AAC
重量
イヤホン本体:各約6g
充電ケース:約55g
連続使用時間
電池(イヤホン):充電: 約2時間、音楽再生: 最大約6時間
電池(ケース):イヤホン充電可能時間:最大約14時間
急速充電対応:充電時間10分で約1時間の再生が可能
防水規格:IPX5(ヘッドホン本体のみ)
付属品:USB Type-C充電ケーブル、イヤチップ(S / M / L) 、ウイング付きスタビライザー(SS / S / M / L)
価格:オープン価格 ※JBLオンラインストア販売価格 14,800円(税抜)
発売日:2020年7月31日(金)発売予定 ※7月21日(火)より予約販売開始

※仕様、価格は変更となる場合がございます。
※Bluetoothの範囲内かつイヤピースの電源がオンになっている間で有効です。
また、オートオフ機能がオンになっていても、イヤピースの電源が入っていてBluetoothペアリングが確立されている間であれば有効です。
※充電・再生時間は使用環境により異なります。
※Google は、Google LLCの商標です。
※Amazon、Alexaおよび関連するロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、様々な世界的なスポーツイベントでも採用されています。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約30,000名の社員が在籍し、2017年3月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。


お客様のお問い合わせ先
ハーマンインターナショナルコールセンター
Tel: 0570-550-465
www.JBL.com

JBLオンラインストア
www.JBL.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング