資生堂企業文化誌『花椿』 1・2月合併号は現代詩花椿賞特集!ウェブや無料アプリで配信中

PR TIMES / 2014年12月5日 14時34分



 創刊78周年を迎える2015年。一年のスタートとなる今号1・2月合併号のテーマは"Poet(詩人)"。 巻頭特集は第32回現代詩花椿賞受賞作、石牟礼道子の『祖(おや)さまの草の邑(むら)』です。夢と現実のあいだでことばを綴る孤高の作家の本作品から「わたくしさまのしゃれこうべ」、「さびしがりやの怨霊たち」の二篇をお送りいたします。つづく第二特集は、トレンドのアンドロジナスなメーキャップに着想を得た「ビューティフルインベーダーズ」です。銀河を思わせるスペーシーなメーキャップに、詩人・中尾太一のことばが彩りを添えます。穂村弘の好評対談連載のゲストにはフリーアナウンサーの滝川クリステルが登場。美しく生きる彼女が考えるエレガンスとは。穂村弘との軽妙なトークをお楽しみください。また、今号から、表紙をはじめビューティーやファッション、コラムの企画内容を刷新し、ウェブサイトもリニューアルいたしました。ウェブサイトでは本誌巻頭特集をよりたのしむことができるSpecialコンテンツや関連するアーティスト・インタビュー、過去の『花椿』を厳選して紹介する花椿アーカイブをお送りいたします。本誌とウェブ、両方楽しめる雑誌として新しいスタートを切る『花椿』の2015年にご期待ください。 (文中敬称略)


■本誌『花椿』の主なコンテンツ
Cover / Photo by Synchrodogs
Words / 石牟礼道子 「生死のはては」
Creation / 第32回現代詩花椿賞受賞作 石牟礼道子「祖さまの草の邑」
Make up / ビューティフル インベーダーズ
Beauty / Photo by Ina Jang
Talk / 穂村弘×滝川クリステル(フリーアナウンサー)
Fashion / Photo by Charlie Engman
Skincare / きれいの顕微鏡 テーマ:体内時計
Story / 村田沙耶香「二人家族」
Moment / ベルギービールはなぜ人気なのか?
Column / 高橋源一郎、秦早穂子、Katja Hagelstam
Museum / 「第9回 shiseido art egg」
Binodoku / 森村泰昌連載 テーマ:ジャン・コクトー

■本誌『花椿』基本情報
編集長:石井光学
アートディレクター:澁谷克彦
発行日:毎月5日
発行部数:10万部
発行形態:B5版、カラー52P
配布場所:全国百貨店の資生堂カウンター、資生堂ギャラリーなど資生堂関連施設、代官山蔦屋書店、ナディッフなど一部書店、VACANTなどイヴェントスペース

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング