LINEとgumiが、資本業務提携に基本合意

PR TIMES / 2014年8月6日 15時45分

LINEからgumiへの出資により、国内外での展開を支援

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮、以下LINE)と株式会社gumi(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:國光 宏尚、以下gumi)は、この度、資本業務提携について基本合意いたしましたので、お知らせいたします。

LINEは、2012年11月よりゲーム事業「LINE GAME」の本格展開を開始して以来、自社および外部コンテンツプロバイダーと連携して開発したゲームコンテンツを、LINEのプラットフォームを通してユーザーに提供しており、昨今は国内のみならずグローバルにおける展開にも力を入れております。

一方gumiは、gumiの子会社である株式会社エイリムが提供しているモバイルオンラインゲーム「ブレイブ フロンティア」を、国内App Store/Google Playはもとより、gumiの海外拠点を通じて、既に北米やヨーロッパ、そして東南アジア諸国等、これまでに世界50カ国以上のマーケットに向けて展開し、各国で大ヒットを記録しており、日本発のモバイルコンテンツの世界展開を実現しております。

LINEでは、積極的にグローバル進出を進め、ヒット作を生み出し、常に新しい挑戦を続けるgumiを、共に成長し海外展開を推進する上での最適なパートナーであると考え、今回の提携合意に至りました。本提携により、LINEは、gumiが実施する第三者割当増資を引き受けることでgumiのゲームコンテンツ開発を資金面で支援し、gumiは、年内にもLINEのプラットフォーム向けに新たなゲームコンテンツ開発に着手するとともに、今後は、年間複数本のゲームコンテンツの提供を行ってまいります。また、世界中にユーザーを持つLINEのプラットフォーム力と、gumiの持つ海外展開力を融合することで、世界中のユーザーに対し良質なゲームコンテンツの提供を行ってまいります。

本提携を通じて、両社の事業展開を一層加速させ、日本発の良質なゲームコンテンツを世界中のユーザーに提供してまいります。


LINE株式会社 上級執行役員 CSMO 舛田 淳 コメント:
「gumiは、アメリカや東南アジア、韓国などグローバルにおいて成果をあげている日本のデベロッパーとしては国内でも稀有なパートナー企業です。世界で拠点をもち、積極的に世界展開を進め、果敢にチャレンジしていく姿勢に共感いたしました。今回、個別タイトルでの連携ではなく、大きく事業提携に結びつき、ともに世界展開を推進していくことを大変うれしく思います。LINEのプラットフォーム力を存分に活かしながら、国内外の展開をしっかりと支援し、gumiとともに世界に通用するコンテンツを提供していきたいと思います。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング