東北を元気に!repipi armarioが期間限定『SHIBUYA109KAMAISHI』へ参加

PR TIMES / 2013年8月6日 17時1分

8月18日(日)開催のファッションショーにも登場します!

株式会社ポイント(本部:東京都千代田区丸の内1-9-2、代表取締役会長兼社長:福田三千男)が展開するrepipi armario(レピピアルマリオ)は、8月16日(金)~8月18日(日)の3日間、期間限定オープンの『SHIBUYA109KAMAISHI』へ参加します。





SHIBUYA109KAMAISHIは、岩手県釜石市に在住の女子中学生から、渋谷のファッションビル・SHIBUYA109を運営する株式会社東急モールズデベロップメント(本社:東京都渋谷区道玄坂1-10-7、代表取締役社長:大石次則)宛に届いた1通の手紙をきっかけに実現した、期間限定ショップです。「復興に向けて前進している釜石市をもっと元気にしたい」といった願いを叶えるため、釜石市(市長:野田武則)の協力のもと、JR釜石駅前の商業施設・シープラザ釜石内にオープンします。

また期間中、釜石市内の女子中学生とSHIBUYA109がコラボした商品の販売や、人気モデルが登場する秋冬ファッションショーも開催される予定です。

少し背伸びをしたい女の子のためのブランド・レピピアルマリオは、当プロジェクトの主旨に賛同し、出店およびファッションショーへの参加を決定しました。現在、渋谷・原宿をはじめ、全国に約30店舗を展開し、女子中学生のお客様を中心に高いご支持をいただいています。

この度のプロジェクトを通じて、釜石市をはじめとした多くのお客様へ、オシャレを楽しむ場を提供するとともに、当社の店舗スタッフと触れ合うことで、さらにお買い物をするワクワク感を届けていきます。


■ 1通の手紙から始まったプロジェクト 
 釜石市在住の女子中学生が送った1通の手紙をきっかけとして実現することになったプロジェクト。手紙には、「釜石市が復興に向け前進していく中で、市の活性化につながるイベントを、SHIBUYA109 とコラボレーションして企画したい。洋服をデザインしたりその服を売ったりして、釜石に人を集めることができれば」という思いが綴られていました。
 当プロジェクトは、中高生を中心とした地元の方にSHIBUYA109 を通じて、楽しさや元気さを味わっていただき、釜石の活性化に繋がって欲しいという願いが込められています。


■ SHIBUYA109KAMAISHIについて  
期間 : 2013年8月16日(金)、17日(土)、18日(日)の3日間
場所 : 岩手県釜石市鈴子町22-1「シープラザ釜石」内
交通 : 公共交通機関をご利用下さい(駐車場はございません)       
共催 : 釜石市、株式会社東急モールズデベロップメント
協力 : 釜石サポートプロジェクト
内容 : 1. 期間限定ショップのオープン
      2. 釜石×SHIBUYA109コラボレーション商品企画・販売
      3. 釜石市内の女子中高生に向けたファッションショーの開催

        ※詳細は、2013年7月29日(月)付の(株)東急モールズデベロップメントのニュースリリースをご覧下さい。
          http://www.tokyu-tmd.co.jp/news/2013/555/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング