学生の動きだしは、2014年度よりも遅い傾向。ー 「[en]学生の就職情報」 2015年度就職・採用活動 11月度調査報告 ー

PR TIMES / 2013年11月28日 10時24分

 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、学生向け就職情報サイト『[en]学生の就職情報』(http://gakusei.enjapan.com/)は、2015年3月卒業予定の学生と求人企業を対象に、『2015年度新卒採用 就職・採用活動アンケート』を実施いたしました。以下、概要をご報告いたします。

============================================

学生の動きだしは、2014年度よりも、遅い傾向。
現在の学生の活動内容は「自己分析」、「学内ガイダンス参加」。
企業は、昨年よりも「母集団形成」に向けた活動に注力。

============================================


■調査結果詳細


1:現在、最も多くの学生が取り組んでいる活動内容は「自己分析」。

  2014年度に比べ、学生の動きだしは遅い傾向。

 現在、最も多くの学生が取り組んでいる活動内容は「自己分析」(19.3%)でした。次いで、「学内のガイダンス参加」(15.7%)、「就職サイト登録」(13.7%)となっています。2014年度をみると、「自己分析」「学内ガイダンス参加」と回答した学生の割合は、10月が最も高くなっています。また、2014年度11月は「業界研究」に取り組む学生が最多となっており、昨年に比べ学生の動きだしは遅くなっているようです。


2:学生の現在の悩みは、「漠然とした不安や焦り」、「何から手をつけていいかわからない」が上位。

 学生の現在の悩みは、昨年と同様に「漠然とした不安や焦り」(19.8%)、「何から手をつけていいかわからない」(17.5%)が上位となりました。
 昨年に比べ、これらに悩みを持つ学生の割合は高くなった一方、「自己分析」(10.4%)、「SPIなどの筆記試験対策」(9.5%)、「企業・業界研究」(8.5%)といった具体的な活動に対する悩みをあげた学生の割合は低くなっています。昨年よりも、学生の動きだしが遅くなっていることが影響しているためと考えられます。


3:企業は、昨年よりも「母集団形成」に向けた活動に注力。

 現在、企業が取り組んでいる活動内容は、「採用計画・準備」(52.1%)が最多となりました。
 昨年と比較をすると、現在の活動内容、来月の活動予定いずれも「母集団形成」と回答した企業の割合が高くなっています。多くの企業が母集団形成に向けた活動に注力しているようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング