【大塚商会】国税局OBが解説する「国税関係書類スキャナ保存に関する規制緩和 最新情報を教えます!」セミナー開催:2015年2月6日(金)

PR TIMES / 2014年12月24日 10時17分

電子帳簿保存法の規制緩和が、今後の企業活動にどう影響を与えるのかを紹介

株式会社大塚商会(東京都千代田区飯田橋2-18-4、以下、大塚商会)は、来る2015年2月6日(金)、「国税関係書類スキャナ保存に関する規制緩和 最新情報を教えます!」と題したセミナーを開催します。
本セミナーでは、今春実施と報道されている、電子帳簿保存法の規制緩和について、国税局OBで税理士である袖山喜久造氏を講師にお迎えし、規制緩和が実施された場合、お客様にどんなメリットがあるのかを、分かりやすく解説します。この機会にぜひご参加ください。




2005年4月にe-文書法施行後も、なかなか普及しなかった国税書類の電子化。
普及が進まなかった大きな要因の一つとして、要件のハードルが高いことがあげられていますが、2015年春、この要件が緩和されると報道されています。

元東京国税局 情報技術専門官で、e-文書法、電子帳簿保存法の普及に尽力された税理士 袖山 喜久造氏が、規制緩和が実施された時のポイント、どのようなお客様にメリットがでるのか? について、分かりやすく解説します。

契約書、領収書などの伝票類の保管に頭を悩ませているお客様には、必見の内容です。ぜひご参加ください。


※本セミナーは、大塚商会が主催するITフェア「実践ソリューションフェア 2015」東京会場内のソリューションセミナーとして開催します。本セミナーにご参加いただくためには、「実践ソリューションフェア 2015」への参加お申し込みが必要です。

-------------------------------------------------------------------
【セミナータイトル】
「国税関係書類スキャナ保存に関する規制緩和 最新情報を教えます!」
※「実践ソリューションフェア 2015」東京会場内 ソリューションセミナー セミナー番号 C55
【講師】
 SKJ総合税理士事務所 所長 袖山 喜久造 氏
 (株式会社ハイパーギア顧問)
【日時】
 2015年2月6日(金) 16:10~17:10 (60分)
【場所】
 ザ・プリンスパークタワー東京
 東京都港区芝公園4-8-1 地下2階
【受講料】
 無料
【主催】
 株式会社大塚商会
-------------------------------------------------------------------

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング