ライフネット生命保険 韓国における合弁会社の教保ライフプラネット生命保険が12月2日に開業

PR TIMES / 2013年11月27日 9時34分

ライフネット生命保険 韓国における合弁会社の教保ライフプラネット生命保険が12月2日に開業

       韓国初のインターネット専業生命保険会社として営業開始
----------------------------------------------------------------------

 ライフネット生命保険株式会社 (URL:http://www.lifenet-seimei.co.jp/ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼COO:岩瀬大輔)は、韓国の大手生命保険会社である教保生命保険株式会社(本社:大韓民国ソウル市、会長:シン・チャンジェ、以下「教保生命」)との合弁会社である教保ライフプラネット生命保険株式会社(URL:http://www.lifeplanet.co.kr/ 本社:大韓民国ソウル市、代表取締役:リー・ハクサン、以下「教保ライフプラネット生命」)が2013年12月2日に営業を開始することをお知らせします。


1. 教保ライフプラネット生命の概要

 教保ライフプラネット生命は、ライフネット生命および教保生命の共同出資によって2013年9月27日に設立された、申込みから保全、支払いまでのすべての手続きをインターネットで行うことのできる韓国初のインターネットを主な販売チャネルとする生命保険会社です。保険募集人による対面販売を中心とする現在の韓国生命保険業界の販売構造を革新することにより、20代から40代の若い顧客層をターゲットに、お客さま自らが生命保険契約におけるお手続きをインターネットで行うことが可能となり、いつでもどこでも利用することができる便利な保険サービスを実現します。この度、教保ライフプラネット生命は、2013年10月の生命保険業免許の取得を経て、2013年12月2日に開業することとなりました。


2. 教保ライフプラネット生命の事業展開

 教保ライフプラネット生命は、インターネットを活用することにより、商品説明、プラン設計、申込み、保全、支払業務等すべてのサービスの提供を時間と場所に関わらず可能とします。特に、引受査定の自動化と申込み手続きの簡素化に伴うスピーディーな顧客対応や経費削減効果により、韓国国内の一般的な生命保険商品に比べてお手頃な保険料を設定しています。

 また、営業職員等のコンサルタントへの依存度が低く、インターネットを通じた金融サービスに慣れている韓国国内の20代から40代のお客さまをターゲットに、保険販売のみに留まらないようなお客さまとの新たな関係を構築することで、消費者志向型ブランドの形成を目指します。さらに、死亡保障と老後保障を中心に、消費者が理解しやすくシンプルな定期死亡保険、終身死亡保険、年金保険、年金貯蓄保険の4種類の商品を販売します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング