【プレスリリース】ガザ・イスラエル ユニセフ事務局長声明 「いたるところで激しい暴力」

PR TIMES / 2014年7月31日 13時25分

戦闘23日目、ガザで殺害された子どもは少なくとも245名 /ユニセフ現地事務所 功刀(くぬぎ)代表インタビュー受付中



※本信はユニセフ本部とユニセフ・パレスチナ事務所が発信した情報を日本ユニセフ
協会 広報室が翻訳、独自に編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_74628.html でご覧いただけます


【2014年7月30日 ニューヨーク発】

戦闘開始から23日目を迎えたガザ・イスラエル情勢に対する、ユニセフ事務局長
アンソニー・レークによる声明です。

「ガザの学校が新たに攻撃を受け、子どもが犠牲となりました。このような暴力が、
中立な場である学校を含め、いたるところで起きています」

「戦闘が始まってからの23日間に、ガザでは多くの子どもたちが、恐怖と絶望の中を
生き延びています。上水道は使用できなくなり、道路には下水が流れ込んでいます。
電気もほとんど使えず、医薬品も不足している中で、保健スタッフたちは懸命に
救命活動を行っています。戦闘が始まってから、少なくとも子ども245名が殺害
されました」

「戦闘開始からの23日間、イスラエルの子どもたちは、自宅や近所を狙った無差別攻撃
の脅威の中、暮らしています」

「おとなたちが子どもたちを守るという責務を放棄してしまったら、こうした子ども
たちや子どもたちが暮らす社会は、どのような希望を持てるのでしょうか?
こうした環境で成長していく子どもたちは、自分たちがおとなになったときの
ふさわしい行動を、周囲のおとなたちから学ぶことなどできません」

「子どもたちのために、戦闘にかかわるすべての勢力は、本心に立ち返らねば
なりません。また、人道支援関係者が支援を必要とする人たちへの支援を行うことを
認め、戦闘を停止することに合意する必要があります。最も戦闘に責任のない子ども
たちを含め、さらなる命が失われる前に、直ちに取り組まねばなりません」


■水と衛生に関する最新情報: 【2014年7月29日 エルサレム発】

ユニセフは、水と衛生部門のリーダー役(支援団体・機関間の調整や分野の活動全般
とりまとめ)を担っています。水と衛生に関する最新情報をご紹介します。
原文(英語): http://bit.ly/1qM8JWQ


<概況>
UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)の学校に避難している人は、7月29日時点で、
20万337名(85カ所)※。公立学校や病院、教会、モスクまた屋外に避難している人も
いる。避難している人たちが必要としているのは、水と衛生サービス。また、親族や
友人宅に避難している人は、推計よりも多いと思われる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング