【報道参考資料】ガザ地区 50万人近い子ども、新学期迎えられず

PR TIMES / 2014年8月25日 17時52分

被害を受けた学校219校、うち103校に約33万人が避難



※本信はユニセフ・パレスチナ事務所が発信した情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文は http://on.fb.me/1tKnlTL でご覧いただけます


【2014年8月24日 ガザ発】

8月24日に新学年が始まったガザ。しかし、同日、ユニセフとセーブ・ザ・チルドレン、
ユネスコは、ガザで50万人近い子どもたちが小学校や中学校に通えないことを発表
しました。


新学年開始に合わせ、100万人以上のパレスチナの子どもたちが登校するとみられて
いましたが、沿岸部の戦闘地域の学校は閉鎖されたままです。50万人近い子どもたちが
教育を受ける権利を否定されたことになります。

ユニセフと共に教育分野における人道支援を主導するセーブ・ザ・チルドレン
パレスチナ自治区 共同カントリー・ディレクターのデビッド・ハッセルとパウレッテ・
ハッセルは「子どもたちは武力紛争を生き抜こうとするのではなく、今こそ、学校で
学ぶべきときなのです。ガザで暮らすパレスチナの子どもたちにとって、この夏は恐怖に
満ちたものでした。外に遊びに行くことすらできなかったのです。心に傷を負った子ども
たちにとって、学校は欠かせません。学校は子どもたちの心の傷を癒すために、重要な
役割を果たします」と述べました。

7月8日の戦闘開始以降、少なくとも219の学校が被害を受けました。そのうち22校は使用
不可能なほどの被害を受け、さらに103校には33万人近い方が身を寄せ、避難所となって
います。避難している方たちの半数は子どもたちです。ガザでは、紛争が激化する以前
から、およそ200の学校が不足し、教育分野は厳しい状況にありました。また、多くの
生徒が教育を受けられるように、80%近くの教室では、二部制で授業を行っていました。
ガザが封鎖されていたため、新たな学校を建設することができておらず、直ちに対策が
講じられなければ、再建は難しくなります。

ユニセフ・パレスチナ事務所特別代表の功刀純子は「教育はあらゆる社会の礎です。
教育に投資することは、つまり、平和と安定に投資することであります。そのためには、
学校の修理や再建、建設するための資材が早急に必要です」と述べました。


最新の見込みでは、少なくとも2~3週間の長期的な停戦が実現しなければ、学校は
再開できないとしています。現在避難所となっている校舎を、学校として再開するには、
さまざまな修復が必要になります。また、戦闘の被害を受けた学校には、初期的な修理
が必要であり、安全を取り戻すには不発弾の撤去も必要となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング