障がい者アルペンスキー・小池岳太選手 採用のお知らせ

PR TIMES / 2014年11月4日 17時4分

~JOC「アスナビ」を通じて現役トップアスリートを支援~

JTBグループの(株) JTBコミュニケーションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:坂本典幸)では、(公財)日本オリンピック委員会(以下、「JOC」)が推進するトップアスリート就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用し、国際競技大会で現役活躍中の障がい者スキー競技アルペンスキーの小池岳太(こいけ がくた)選手を、2014年11月より社員として採用することと致しました。



今回の採用は、JTBが公式旅行代理店をつとめるJOC「アスナビ」制度を活用したものです。弊社及びJTBグループとしては、“小池選手が目指している次の国際競技大会でのメダル獲得、新たな自転車競技へのチャレンジ、そして日本国内における障がい者スポーツ環境への貢献”という3つの目標達成を、本人と一体となって目指していきたいと考えています。
今後は、小池選手をJTBグループ挙げて応援していくことで、安心して集中できる競技活動への環境整備はもちろんのこと、日本スポーツ界への更なる貢献 及びJTBグループ社員の一層の連帯感醸成やダイバーシティ推進を目指してまいります。

【小池選手のプロフィール】
小池 岳太(こいけ がくた)
年 齢:32歳
出身地:長野県岡谷市(現在、東京都在住)

<主な大会成績>
2006年3月 トリノパラリンピック(大回転19位)
2010年3月 バンク-バーパラリンピック(ス-パ-大回転9位)
2012年7月 日本障がい者自転車競技大会・日本パラサイクリング選手権
ロ-ドタイムトライアル競技大会(LC1クラス 2位)
2013年2月 ジャパンパラ・アルペンスキー競技大会(ス-パ-大回転 優勝)
2013年3月 アルペン世界選手権(大回転7位)
2014年3月 ソチパラリンピック(ス-パ-大回転9位)

【小池選手のコメント】
この度、JOC「アスナビ」を通じて、JTBコミュニケーションズに社員として採用いただくことになりました。 次の平昌パラリンピックへ挑戦するためには、これまで以上の練習環境向上が急務でしたが、その中で「アスナビ」を知り相談した結果、ダイバーシティも積極的に推進しているJTBグループにおいて、数多くのスポーツイベント等の運営実績があるJTBコミュニケーションズとご縁があり、私の目標に対して最大限のサポートをいただけることとなりました。
現在、アルペンスキー競技とともに、新たに自転車競技にも挑戦しています。必ず結果を出し、応援してくださる皆様に恩返しするとともに、一社員としても会社に貢献していくよう誠心誠意努力して参ります。また同時に2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、障がい者スポーツ環境の向上に向けても微力ながら貢献することを念頭に活動して参ります。今後ともご声援よろしくお願い致します。

【採用への背景・思い】
JTBコミュニケーションズは、JTBグループの一員として『あらゆる「交流」の場において、新しいコミュニケーションを創造し、人と社会の活性化に貢献する』を企業理念としております。従来のやり方にとらわれず、これまでにない新しい価値を創造し続けるユニークな企業となるべく、日々社員が一丸となりチャレンジを続けています。小池選手の持つ世界最高のパラリンピック競技大会への出場経験、その競技を通じて培った人脈、そして何よりそこに辿り着くまでの体験・精神を活かして、弊社の新しいビジネスや企業理念の実現に向け、一人の社員としても活躍して欲しいと考え、採用を決定しました。
さらに今後の競技活動を通じて得るであろう更なる経験や成果が、人と社会の活性化につながることを期待しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング