男女の給与格差が続く中、現在の年収に不満のある女性は65%。女性の転職活動調査 ~「年収について」を発表~

PR TIMES / 2014年8月27日 16時0分

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「エン ウィメンズワーク」( http://women.en-japan.com/ )上で、サイト利用者の女性808名を対象に「年収について」のアンケートを行いました。以下、概要をご報告いたします。



■調査結果概要

春季労使交渉で賃金水準を底上げするベースアップが広がった結果、基本給にあたる所定内給与は前年同月比0.2%増の24万2,830円(※1)となり、2年3カ月ぶりにプラスに転じています。一方で男女の給与格差は変わらず続いているようです。国税庁が発表した平成24年度の平均給与は408万円。男女別では男性502万円、女性268万円という結果(※2)に。女性のほうが非正規雇用者の比率が高いためと考えられます。当の女性は、自身の年収をどう捉えているのでしょうか。

正社員転職を希望する女性に、現在の年収額に満足しているか伺ったところ、「不満」「非常に不満」を選んだ方が6割を超える結果になりました。年収額別に見ると、年収が上がるごとに「不満」という回答は減少していきます。年収400万円以上では大幅に減少し、不満の方は3割程度に。400万円が一定の目安になっていることがうかがえます。満足・不満を選択した理由の第1位は、ともに「希望の生活水準に足りているから(満足)、足りていないから(不満) 」という結果に。年収の満足度は“希望の生活水準”で決まる方が多いようです。満足な理由の第2位は「仕事に対する正当な評価だと感じるから」(34%)。不満な理由の第2位は「今後の年収アップが期待できないから」(49%)となりました。

※1 厚生労働省発表「毎月勤労統計調査(6月確報)」※2 国税庁発表「民間給与実態統計調査(平成24年度)」


■調査結果詳細

1:現在の年収に不満のある方は65%。年収400万円以上になると、不満を持つ方が大幅に減少。

「現在のお仕事(離職中の方は前職)の年収額に満足していますか?」と伺ったところ、「不満である」(44%)、「非常に不満である」(21%)の回答を選んだ方が65%となり、年代問わず、ほとんどの女性が満足してないことが分かりました。


年収額別に見ると、総じて年収が上がるほど、「不満」の比率は下がっています(※ただし、意図的に年収を、所得税が免除される「103万円以下」に抑えている方を除く)。具体的には年収200万円以上250万円未満では「不満」の方が約8割、年収300万円以上350万円未満では約6割いるのに対し、年収400万円以上では約3割にまで減少。男女合計した際の平均年収400万円以上になると、不満を持つ方が大幅に減少することが分かります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング