日伯修好通商航海条約締結120周年記念プロジェクト サンバカーニバルツアー発売

PR TIMES / 2014年12月9日 16時50分

名門チーム アギア・ジ・オウロの一員としてカーニバルに参加! 2015年チームのテーマは「日本」、ブラジルサンパウロのカーニバルで日本の祭りを披露

 JTBグループで法人向けに旅行事業などを展開する株式会社JTBコーポレートセールス(東京都新宿区、代表取締役社長:皆見 薫)は、株式会社ブレイン(東京都新宿区、代表取締役社長:前田俊秀)およびJUNKO KOSHINO株式会社(東京都港区、代表取締役社長:鈴木弘之)の企画協力を得て日伯修好通商航海条約締結120周年プロジェクト サンバカーニバルツアー(ブラジル・サンパウロ)を2014年12月10日(水)より発売します。

 日伯修好通商航海条約120周年となる2015年に、日伯交流の一環としてサンパウロ・サンバカーニバルの1部リーグである「アギア・ジ・オウロ」チームに青森県五所川原市の立佞武多「復興祈願 鹿嶋大明神と地震鯰」を出陣させ、160万人の日系人が在住するブラジル・サンパウロのカーニバルで本物の日本の祭りを披露します。

 サンパウロのサンバカーニバル1部リーグで活躍するサンバチーム‘アギア・ジ・オウロ’より、チーム全体の2015年出展テーマを【日本】にしたいとの打診が在サンパウロ日本国総領事館にあり、2013年サンパウロのサンバカーニバルに参加した服飾デザイナーのコシノジュンコ氏がその意を受けて、大きくて迫力のある青森のねぶたを題材としてはどうかと提案したものです。2014年8月にアギア・ジ・オウロの制作責任者がサンパウロより来日し、青森のねぶたを視察した際、「日本の祭りの華やかさ、壮大さをカーニバルの大舞台でアピールし、ブラジルからの訪日旅客拡大に結び付くならば」と立佞武多寄贈の申し出を五所川原市長から受けました。

 立佞武多が地球の反対側のサンパウロまで、約18,000kmもの道のりを搬送され2015年2月のサンパウロカーニバルでお披露目するにあたり、コシノジュンコ氏デザインのコスチュームを纏い、アギア・ジ・オウロの一員としてパレードに参加、日伯交流を図るツアーを実施します。

【ツアー概要】
■旅行期間:2015年2月11日(水)から2月17日(木)4泊7日
■出発地:東京(成田)発
■訪問都市:ブラジル・サンパウロ
■旅行代金:お一人様398,000円(2名1室利用)
■特別協賛:ターキッシュ エアラインズ
■後援:駐日ブラジル大使館ほか

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング