新時代の若き才能を発掘する日本最大級の料理人コンペティション「RED U-35」 4月15日(火)より、応募受付スタート! 今回のテーマ食材は「豆」

PR TIMES / 2014年4月15日 10時7分

公式サイト: http://www.redu35.jp/   募集期間:2014年4月15日(火)~5月15日(木)24:00

 RED U-35 (RYORININ’s EMERGING DREAM) 実行委員会(以下、実行委員会)は、新時代の若き才能ある料理人の発掘・応援を目的とした日本最大級の料理人コンペティション「RED U-35 (RYORININ’s EMERGING DREAM) 2014」(以下、RED U-35)の参加者の応募を4月15日(火)より開始いたします。




 RED U-35は、料理人の技術を競い合わせるためのコンテストではなく、その未来を応援したくなるような“若き才能”を見つけ出すための35歳未満の料理人コンペティションです。審査方法は、書類審査に始まり、映像審査や訪問審査など、料理だけでなく人間力の審査をするこれまでにない大会です。前回大会に続き、今年も第二回大会となる本大会を開催します。

 RED EGG(グランプリ)には破格の賞金500万円と、夢の副賞として、国内外問わず「世界一憧れる料理店に食べに行ける研修」および、「REDメンバーが導くスターへの道」を用意しています。前回大会では、応募総数451名からファイナルである最終審査に6名が進出、RED EGGにRestaurant La FinS(東京都港区)のオーナーシェフ杉本 敬三氏(当時34歳)を選出し、盛況の内に幕を閉じました。その後もファイナリストらは様々なステージで活躍をしています。

 本大会でも、審査員に名だたる一流料理人らを迎え、加えて後援として総務省、農林水産省、国土交通省観光庁ほか、各企業・団体、さらに日本の飲食市場を牽引する各企業に賛同いただき、前回大会にも増して規模を拡大して本大会を推し進めていきます。なお、実行委員会では、引き続きRED U-35に賛同いただける企業・団体・メディア等を募集しています。

 日本の食業界の総力を挙げて開催する本大会を通じて、未来を担う料理人たちが鼓舞され、大きな目標を抱き、これからの日本の料理界全体の価値向上・底上げにもつながることを願って開催します。


◆◆◆応募要項◆◆◆

■大会主旨
明日の才能、未知なる美味を発掘する


■応募資格
偉大なる料理人になることを目指す「35歳未満の若手料理人」
※生年月日が1979年5月16日以降であること
(2014年5月15日の募集〆切日時点で年齢が35歳になっていないこと)
※飲食店・宿泊施設(国内・海外ともに可)に従事する日本国籍の料理人。但し、都内開催の最終審査に参加できること
※自身がオーナーシェフでない場合、所属店の責任者(オーナー等)の了承を必ず得ること
※審査過程で、応募者が飲食店・宿泊施設に所属しなくなった場合は、参加資格を喪失し、以降の審査を受けることができなくなる場合があります

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング