肉・魚・野菜など生鮮食料品を新鮮でおいしそうに見せるLEDの光、「彩光色LED照明器具」 新発売。生鮮食料品売り場に新たな光の価値を提供

PR TIMES / 2012年11月13日 13時59分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、パナソニック株式会社 エコソリューションズ社独自の光のスペクトル(※1)を制御して見え方をコントロールする技術により、自然な光色で生鮮食料品などを新鮮でおいしそうに見せるEVERLEDS「彩光色LED照明器具」(スポットライト、ユニバーサルダウンライト)合計10品番を2012年12月1日より発売します。自然な光色で生鮮食料品売り場を新鮮でおいしそうに演出。スーパーマーケット、百貨店、コンビニエンスストアなどの生鮮食料品売り場にお薦めです。


▼LED照明エバーレッズシリーズサイト

http://www2.panasonic.biz/es/everleds/


パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、光のスペクトルを最適設計したLED照明を新開発。波長580nm前後の光の成分を調整することで黄みを抑え、鮮やかに見せます。赤色成分のピーク波長を長波長側にシフトすることで、肉やマグロなど赤みの強い色もより鮮やかにできます。本製品は、さまざまな生鮮食料品の色を鮮やかに見せるだけでなく、光に色をつけていないので、食品トレーなどの色も自然に見せることが可能。一般的に使用されている3波長形蛍光灯と同等の平均演色評価数Ra84(※2)を確保しています。1種類の光で、精肉、鮮魚、青果、惣菜、パン、生花などの商材にオールマイティに対応。
また、売り場ごとの台数変更にもフレキシブルに対応できます。スポットライトには、賑わい感を演出できる、透過セードタイプも品揃えしました。


パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、LEDの光のスペクトルを制御して見え方をコントロールした製品展開をすすめてきました。2011年6月に発売したLED防犯灯「明光色(アカルミナ)(※4)」は、夜間の人間の目の感度特性に着目して開発、短波長成分を多く含む光により、照度以上に明るく見える防犯灯です。暗い道も明るく見えるとご好評を頂いています。2012年4月には肌の色は美しく、モノの色は自然に見せる「美光色LED照明器具」を発売、今秋さらに品揃えを強化しました。百貨店の化粧品売り場、エステサロン、美容室、パウダールームなどに採用され、女性の肌の色が美しく見えることや、展示物の色が自然に見えるといった点でご好評を頂いています。「彩光色LED照明器具」は、まずは生鮮食料品売り場向けから展開、来春には植栽をより彩り豊かに演出する屋外用の製品も発売する予定です。
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、LED照明による新たな光の価値を提供していきます。


■ 特長

1.パナソニック株式会社 エコソリューションズ独自の光のスペクトル制御技術により、生鮮食料品を新鮮でおいしそうに演出
2.さまざまな商材に対して、1種類の光でオールマイティに対応
3.フィルターレスで、パナソニック株式会社 エコソリューションズフィルター付LED照明器具と比べて、約20%明るさが向上(※3)


■ 製品詳細

【品名】彩光色LED照明器具
【器具スタイル】スポットライト(透過セードタイプ、一般タイプ)、ユニバーサルダウンライト
【明るさ】200形 / 350形
【色温度】3000K
【光源寿命】40,000時間
【品番数】10品番
【希望小売価格(税込)】32,340~48,300円
【発売日】2012年12月1日   
【販売目標】3億円/年 (2013年度)


※1:スペクトルとは光を分光器などで分解したときの各波長成分の強さの分布
※2:色の見え方の忠実性を表す代表的な指標で、基準光源に比べ、どの程度忠実に色を再現しているかを定量的に示したもの。100に近いほど、色は自然に見える
※3:パナソニック株式会社 エコソリューションズ社従来LED+生鮮用フィルター NNN04203W LE1+NNN89501+NNN89001(2012年度機種)(1m直下照度:1658 lx)と今回発売する彩光色LEDNNN04553W LE1(1m直下照度:2070 lx)の直下照度比較による
※4:「アカルミナ」の機能名称を光スペクトル制御技術商品の「明光色」として名称統一しました。機能などは従来のものと同じです


■ お問い合わせ先
お客様ご相談センター フリーダイヤル 0120-878-365(受付9:00~20:00)

エコソリューションズ社代表 06-6908-1131(受付8:45~17:30)
エコソリューションズ社 ライティング事業グループ 施設・店舗照明BU 営業推進グループ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング