1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【パソコン市民講座】コロナ禍だからこそ!シニア世代が最先端ICT脳活へトライ!教室&ご自宅での脳活トレーニングで、楽しく認知症予防!

PR TIMES / 2021年5月7日 17時45分

NSGグループの株式会社チアリーが運営する、パソコン市民講座(パソコン、タブレット、スマートフォン教室)では、人生100年時代を健康で自分らしくイキイキと過ごしていただくために!という想いの元で、2020年10月より「みんなの脳活」コースを教室の既存受講生の方へのトライアル導入を経て、いよいよ2021年5月より本格的な外部募集を開始することとなりました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/32951/466/resize/d32951-466-572152-0.jpg ]

2020年は新型コロナウィルス感染拡大により、緊急事態宣言下で2か月余り教室休業となりましたが、教室再開後は「オンラインを活用することの大切さがわかった」「今後のデジタル化に対応できるように」など、ICT活用の重要性を再認識された方が多く、過去最高の入会者数を更新しております。

ただ一方で「コロナの影響で外出する機会・人と話す機会が減った」「家に閉じこもりがちで物忘れがひどくなった」など、日々の行動変容を余儀なくされる中で、身体機能・認知機能の減退への不安を感じておられるシニア世代の方のお声を多くお聞きしました。

ウィズコロナ、アフターコロナ時代においては、シニア世代の方こそ、ご自宅にいながらオンラインを使いこなしていただき、ご家族や世の中とのつながりを保ち続けていただくことが重要です。また同時にご自宅にいながら日々脳を活性化するトレーニングを習慣化いただき、楽しみながら認知症予防ができる生涯学習をご提供することが私たちICT教室の使命だと考えております。

そこでパソコン市民講座は、脳トレの第一人者である株式会社NeU取締役川島隆太博士の長年にわたる研究成果をもとに開発された認知機能トレーニング「Active Brain Club」を活用した、最新かつ最先端の脳トレーニングサービス「みんなの脳活」コースを開発いたしました。

「Active Brain Club」(以下ABC)は、超軽量小型の脳活動センサーで非常に手軽に自身の脳活動をリアルタイムに可視化し、画面色の変化によりフィードバックします。これにより脳を活性化させるトレーニングに導きます。スマートフォンやタブレットをプラットフォームとして使っていますので、いつでもどこでも手軽にトレーニングできます。またトレーニングの記録は、継続的に確認をすることができます。

「みんなの脳活」コースでは、この「ABC」による毎日10分間のトレーニングに加えて、毎週1回30分、パソコンを使ったオリジナルのドキドキ脳活コンテンツや、最新脳科学情報動画、脳トレドリルなど、教室で楽しみながら脳活トレーニングができる多彩な内容をご提供しています。

また教室では毎月1回の脳年齢チェックにて、ABCインストラクター養成講習を受けた先生からのフィードバックを行うことに加えて、希望者のみの有料オプションとして、半年に1回、10分間で高精度に評価できる健康な方向けの簡易認知機能スケール「あたまの健康チェック」を受けることができるなど、日頃の成果を実感しながら進めることが可能です。

すでにABCの脳年齢チェックで、3ヶ月で平均7歳、4ヶ月で平均13歳若返るなど効果も出始めており、今後長期間継続いただくことで、さらに認知機能の維持・向上へつながることが期待されています。またシニア世代の方だけでなく40代50代の方も「仕事や家事の段取り、判断力があがった」のお声をいただくなど、幅広い世代への効果も期待されています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/32951/466/resize/d32951-466-578960-1.jpg ]

~イトーヨーカドー船橋教室(千葉県)で脳活コースを受講中の喜多川さん~
運動が好きでフィットネスやヨガを長く続けていますが、最近人の名前を覚えられない事が増えていました。
周りの仲間も同年代なので「あれ、それ、これ」で通じるので覚える気力がなくなっていましたが、このままじゃ退化すると思っていたところに、丁度この脳活コースを勧めてもらったので始める事にしました。
もともとゲームはしないタイプでしたが、指先と頭を使うので刺激になるし楽しいです。センサーを付けてスマホの画面の色が赤くなっていると、脳が活性化しているとわかり頑張れます。満点を取るとやったー!とやる気になります。
大人になると褒めてもらう事がなくなるので、教室でほめてもらえるのも嬉しいですね。これからも脳活を続けて、いつまでも心も身体も若々しくいたいと思っています。

日本は世界でも高齢化がもっとも進んでいる国家であり、2025年には認知症人口は、700万人に達すると推計されており、2019年6月に政府が発表した「認知症施策推進大綱」においても、エビデンスに基づいた「予防」の重要性が基本理念のひとつとして掲げられております。

またコロナ禍において、さらに高齢者の引きこもりなど孤独・孤立の進行が社会問題となる中で、地域のつながり、日々の通いの場の重要性が高まっており、私たちのパソコン市民講座が、この「みんなの脳活」コースを通して、認知症予防への取り組みと生涯学習としての通いの場を同時に推進していくことが、何よりの地域社会への貢献、ひいては日本全体の国家的課題の解消につながるものと考えております。

これからもパソコン市民講座は、地域社会の皆様へ「自立とつながり」をご提供し続ける教室を目指し、より魅力的なサービス提供を強化してまいります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/32951/466/resize/d32951-466-263753-2.jpg ]

「パソコン市民講座」  https://www.pc4353.net/
(株)チアリーが全国87か所で運営するパソコン教室。2002年の開校以来、20年で55万人以上の卒業生を排出。「全世代の方に教育で生きるチカラを」をミッションに掲げ、個別映像授業スタイルでシニア・主婦層・小中学生層まで対象の全世代型教室を展開。現在、受講生8,500名、プレミア倶楽部会員12,000名。

法人名:株式会社チアリー
所在地:大阪市中央区本町2-3-9 JPS本町ビルディング2F
代表者名:和田 浩一
URL: https://www.pc4353.net/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング