STM32マイコンの性能を最大限引き出すコード・スニペットを発表

PR TIMES / 2014年3月10日 9時49分



STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、高度に最適化され、
レジスタ・レベルのコード・スニペットを提供するSTM32Snippetsを発表
しました。これにより、STM32マイクロコントローラ(マイコン)を採用する
アプリケーションの性能と効率を最大限に高めることができます。

プログラミングをレジスタ・レベルで行うことにより、使用メモリ容量の
削減、貴重なプロセッサ・サイクルの節約、および供給電流の低減が可能に
なります。しかし、通常このレベルでプログラミングを行うためには、
長い時間をかけて製品マニュアルを熟読する必要があります。STM32Snippetsは、
アプリケーションの性能を大幅に向上させ、電力およびコスト目標の実現に
役立つ、スマートかつ効率的なプログラムの記述に向けた最短の手法を提供
します。

STM32Snippetsは、最近発表されたSTM32Cube(TM)ソフトウェア・ツールと、
このツールの組込みソフトウェアに統合され、初期化と移植作業を簡略化します。
これにより、開発者はSTM32Cube(TM)の移植自由度の高い手法、またはSTM32Snippets
の高度に最適化された実装のいずれかを選択することができます。この組み合わせは
市場でもユニークな開発エコシステムで、組込み製品設計者がSTM32を第一候補の
マイコンとして選択する理由の一つです。

STは、全てのSTM32マイコン向けにSTM32Snippetsを公開する予定で、
USBコントローラ(1)を除く全てのSTM32F0ペリフェラル・セットに対応した
約100種類のコード・スニペットを最初にリリースしています。このコード・スニペットは
無償ダウンロードが可能で、STM32F072B-DISCO開発キットおよびIAR EWARMまたは
Keil MDK-ARM開発環境ですぐに使用することができます。
さらに、一部のコード・スニペットは、STM32 F0リファレンス・マニュアルに
直接統合されているため、マイコン動作の仕組みを良く理解するためのサンプル
として最適です。

詳細およびスニペットのダウンロードについては、
http://www.st.com/web/jp/catalog/tools/FM147/CL1794/SC961/SS1743/PF260157
をご覧ください。

(1) USBコントローラは完全なプロトコル・スタックが必要になるため、コード・
スニペットを使用した実装は不可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング