Wearable Technologies Innovation World Cupにタイトル・スポンサーとして協賛

PR TIMES / 2014年5月23日 9時59分



多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、成長著しいウェアラブル機器向け製品の主要技術サプライヤであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、Wearable Technologies Innovation World Cup(2014/2015年)のタイトル・スポンサーとして、前回に引き続き協賛することを発表しました。

急成長中の市場に最適な幅広い製品ポートフォリオおよびハードウェア /ソフトウェア・エコシステムを有するSTは、Wearable Technology Innovation World Cupが開発者の創造性を一層加速させ、革新的な次世代ウェアラブル機器開発の素地を作る機会になると捉えています。開発者をサポートするSTは、先着100名の出場者に対し、STM32Nucleoボード(1)、BlueNRG評価用拡張シールド(2)、BlueNRGベースのBluetooth(R) Smart USBドングル(3)、および関連するSTM32Cube開発ソフトウェアを、あらゆる組み合わせで無償提供する予定です。これらのキットの中には、STが最近発表したBlueNRG評価用拡張シールドが含まれています。これは、STM32 Nucleoマイクロコントローラ・オープン・プラットフォームと連携して動作する低価格のBluetooth Low Energy開発キットで、Arduinoとの接続をサポートしています。また、成長中のエコシステムにおいて、開発プロジェクトを加速させる最初の専用ボードです。

STのアナログ・オーディオ・システム事業部ジェネラル・マネージャであるAndrea Onettiは、次の様にコメントしています。「周囲を見渡してみると、今人々は洗練されたガジェットを身に着けています。STは、センサ、マイコン、パワー・マネージメント、アナログ、コネクティビティ、セキュリティ等、あらゆる技術の主要サプライヤとして、私たちの暮らしを拡張するこれらのブレスレット、時計、眼鏡、およびその他のウェアラブル機器の実現に貢献しています。今年がタイトル・スポンサーとして2年目となるSTは、卓越した開発ツールを先着100名の出場者に無償提供することで取り組みをさらに拡大し、ウェアラブル機器の成長に向けた動きをサポートします。」

Wearable Technologies社およびNavispace社の最高経営責任者(CEO)であるChristian Stammel氏は、次の様にコメントしています。「STは、RFおよびセンサ技術の世界的リーダーで、急速に成長しつつあるウェアラブル機器市場にふさわしい技術を有しています。そのため、今年もWearable Technology Innovation World Cupのタイトル・スポンサーとしてSTが参加することは、Wearable Technologies Groupにとって非常に光栄なことです。私たちのコミュニティは、次世代ウェアラブル機器を開発するために、これらの優れた開発ツールを利用するでしょう。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング