日本語学習者向け『どんなときどう使う日本語語彙学習辞典』5月30日発売!

PR TIMES / 2014年5月30日 16時32分

日本語能力試験N1~N3レベルの主要な語彙を網羅! 日本語学習のお供に最適な語彙学習辞典

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役会長:平本 照麿、以下アルク)より、
新刊『どんなときどう使う日本語語彙学習辞典』のご案内を申し上げます。



日本語能力試験N3以上の語彙を中心に編纂した、日々の日本語学習に役立つ語彙学習辞典が登場! 
それぞれの語に、4カ国語訳や例文、音声が付いて、学習を手厚くサポート。
常に手元に置いてあると安心な一冊です。


●日本語学習に特化した語彙学習辞典
日本人向けの国語辞典は、情報量が多すぎたり、ほしいところに例文がなかったり、意味の説明が日本語で書かれていたりと、日本語学習者にとって使い勝手がよいとは言えません。使いながら、歯がゆい思いをすることも多いでしょう。この辞典は日本語学習者向けに作られています。語彙はN1~N3レベルのものに絞られており、50音順に並んでいます。それぞれの語には、学習者が意味を確認できるように英語・中国語・韓国語・ベトナム語の4か国語で翻訳が付いています。また、意味ごとに例文が付いていて、文脈を把握し、生きた日本語として覚えることができます。合成語・類義語・対義語・関連語・コロケーション情報も充実しているので、手元にこの1冊があれば、その場で新出語の適切かつ幅広い学習が期待できます。

●音声ダウンロードサービス付き
見出し語と例文の一文目を読み上げた音声ダウンロードサービス付き。同音異義語のアクセントの違いなどを確認するのに役立ちます。目だけでなく、耳からも情報を入れることで、実際に使えるようになることを目指します。

●日本語教師にとっても重宝する一冊
本書の例文や合成語・類義語・対義語・関連語・コロケーション情報は、教師の授業準備の大きな助けになること請け合いです。

※本書は、『耳から覚える日本語能力試験語彙トレーニング』のN1~N3をまとめ、加筆・修正し、辞書としてまとめたものです。


<商品情報>
【タイトル】『どんなときどう使う日本語語彙学習辞典』
【URL】http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/7014028/
【価格】2,940円(税込)
【サイズ】A5判、552ページ
【ISBNコード】978-4-7574-2456-2
【特典】音声ダウンロードサービス付き
【著者】安藤栄里子、惠谷容子、飯嶋美知子、阿部比呂子
【著者プロフィール】
 安藤栄里子 ミッドリーム日本語学校 教務主任
 惠谷容子 早稲田大学日本語教育研究センター 非常勤講師
 阿部比呂子 東京中央日本語学院 教務部長
 飯嶋美知子 北海道情報大学 情報メディア学部 准教授


……………………………………………
[株式会社アルクとは]  http://www.alc.co.jp/
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。語学情報ポータルサイト「SPACE ALC」をはじめ、『ENGLISH JOURNAL』などの学習情報誌、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、eラーニング教材、書籍、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング