『映像経験者のためのAfter Effects実践塾』ワークショップ型公開講座を開催

PR TIMES / 2014年1月21日 14時46分

~基礎編とエクスプレッション編の二部構成、デジタルハリウッド大学にて開催~

デジタルハリウッド大学ではワークショップ型公開講座として、経験者のためのAfter Effects実践塾を開催します。
今回の講座は、“実践塾”と題しまして、最初の2時間で講師が教えた内容を次の2時間で受講者が実際に作業をするという、実践型の講座となります。
実践中も講師が2名巡回をして、分からない部分などを丁寧に指導します。
昨年8月に実施しました「映像制作経験者向けAdobe After Effects講座」をさらに実践向けにブラッシュアップした内容になりますので、前回参加された方も十分満足いただける内容になっております。




 ITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、デジタルハリウッド大学(では、ワークショップ型公開講座として、経験者のためのAfter Effects実践塾を実施します。
 今回の講座は、“実践塾”と題しまして、最初の2時間で講師が教えた内容を次の2時間で受講者が実際に作業をするという、実践型の講座となります。実践中も講師が2名巡回をして、分からない部分などを丁寧に指導致します。昨年8月に実施しました「映像制作経験者向けAdobe After Effects講座」をさらに実践向けにブラッシュアップした内容になりますので、前回参加された方も十分満足いただける内容になっております。
 第一部では、「基礎編」と題しまして、「3D空間を使ったオープニングタイトル」をご紹介。Premire ProやFinal Cut Proだと物足りないオープニングタイトルをAfter Effectsの3D機能を使いスタイリッシュなタイトルをみんなでデザインしていきます。
 また「トラックマットを使った表現」もご紹介。After Effectsの中でも今一理解しづらいトラックマット。アルファチャンネルを独自に生成し、色々な表現に活用していきます。
 第二部では、「エクスプレッション編」と題しまして、After Effectsの中でも一番使いこなすことが難しいと言われている機能“エクスプレッション”の使い方をレクチャーします。覚えたら便利なのはわかるけど、なかなか勉強する機会がありませんよね。今回は、時間の許す限り「使える」エクスプレッションをたくさんご紹介します。メソッド、プロパティ、変数など、基礎的な部分からしっかり学び、実戦で活用できることを目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング