デジタルハリウッド大学院の教授&修了生による起業!「風土雲人(フードクラウド)株式会社」~日本の価値ある地域特産品を世界へ!~

PR TIMES / 2014年4月4日 13時4分

デジタルハリウッド大学院では、修了生の松本大河氏と、松本氏の修了課題指導担当教授の海老根智仁教授は、松本氏の修了課題テーマであるクラウドファンディング「風土雲人 FOOD CLOUD(フードクラウド)」をビジネス化し、2014年4月2日にWebサービスの提供をスタートいたしました。
 ◎Webサイト : http://foodcloud.jp/
 ◎Facebookページ : https://www.facebook.com/foodcloud.jp




 日本初の株式会社による専門職大学院として、開学10周年を迎えるデジタルハリウッド大学大学院では、「ビジネス」「クリエイティブ」「ICT」3要素の融合をコンセプトとして、社会に新しい産業や文化を生み出す人材を輩出しております。
 この度、修了生である松本大河氏と、松本氏の修了課題指導担当教授である海老根智仁教授は、松本氏の修了課題テーマであるクラウドファンディング「風土雲人 FOOD CLOUD(フードクラウド)」をビジネス化し、2014年4月2日にWebサービスの提供をスタートいたしました。
 ◎Webサイト : http://foodcloud.jp/
 ◎Facebookページ : https://www.facebook.com/foodcloud.jp


 本事業は、松本氏が経営を行う「株式会社パイプライン」 http://www.pipeline-dw.com/ と、海老根教授ならびに「株式会社イプシロン・グループ」 http://ypsilon-group.com/ による合弁会社である「株式会社レジェンド・パートナーズ」で設立した合弁会社「風土雲人株式会社」にて運営が行われます。

 松本氏が代表取締役を務め、海老根教授が顧問を担当、「株式会社レジェンド・パートナーズ」より取締役と監査が入る形で経営いたします。

 クラウドファンディングとは近年流行してきた新しい資金調達の手法です。プロジェクトを成功させたい、と願う発案者が、インターネットを通じて広く資金を集める手段で「群衆(crowd)から資金を募る(funding)」ことが語源となっています。「風土雲人 FOOD CLOUD(フードクラウド)」は「雲が由来のクラウド(cloud)コンピューティング社会で、多くの人が繋がり、多くの人々の想いが繋がってほしい」という願いから名付けられました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング