凸版印刷とTIS、訪日外国人向け飲食店予約サービスの実証を開始

PR TIMES / 2020年3月2日 11時25分

凸版印刷の「旅道-TABIDO-」とTISの予約システムを組み合わせた「旅道グルメガイドin横浜」が、横浜市内の飲食店116店舗で試験導入

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)とTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、横浜市内の飲食店116店舗を対象にした訪日外国人観光客向け予約サービス「旅道グルメガイドin横浜」の実証実験を2020年3月2日~3月27日に実施します。



凸版印刷は「何度も旅したくなる日本」の実現をコンセプトとする「旅道(R)(たびどう)プロジェクト(※1)」を展開しており、旅先ならではの多言語情報配信や自動音声翻訳が可能な観光ガイドアプリ「旅道(R)-TABIDO-」(以下 旅道アプリ)を提供しています。このたび、旅道アプリの仕組みを活用した地域オリジナルのアプリ・Web開発ができるサービス「旅道(R)OEM」と、TISが開発した飲食店予約システムを連携させ、訪日外国人観光客向け飲食店予約サービス「旅道グルメガイドin横浜」を開発。横浜市内の飲食店を対象に、実証実験を実施します。

本実証を通じて、観光分野における予約サービスのニーズ把握や、予約における個人情報管理を目的にしたPDS(※2)活用による新たなサービスの開発を目指します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/11650/758/resize/d11650-758-826205-0.png ]

「旅道グルメガイドin横浜」サービス概要

■ 実証実験の背景・目的
観光地域づくりにおいて、増加する外国人の訪問に対し、多言語表記などの受け入れ環境整備が課題となっています。また、欧州におけるGDPR(General Data Protection Regulation:EU一般データ保護規則)の施行などに代表されるパーソナルデータ(個人情報)の保護が注目を集める中で、旅行者のパーソナルデータを企業が公正に活用する環境の実現が重要になっています。
このような課題に対し凸版印刷とTISは、訪日外国人観光客の旅行中の飲食店の予約をスムーズに提供すべく、「旅道(R)OEM」とTISの飲食店予約システムを組み合わせ、Webサイトから簡単に飲食店予約を実現するシステムを開発。訪日外国人観光客の飲食店予約の利便性向上と、予約情報の適切な管理・活用による新たな観光客向けサービスの開発を目指します。

■ 「旅道グルメガイドin横浜」の特長
1. 日本語・英語の2言語に対応
訪日外国人の飲食店予約の際のコミュニケーション課題を解決するため、日本語・英語の2言語に対応。今後、ニーズに応じてさまざまな言語を追加することも可能です。


2. 自動電話応答システムを活用し、予約の利便性を向上
利用者はお店に電話をかけることなく、必要事項を入力するだけで予約が可能。お店側は、入力された情報を電話の自動音声で受けることができます。これにより、言語の違いによるコミュニケーションの課題を解消します。

3. 横浜市内の飲食店情報と現地までの経路案内が可能
「旅道(R)OEM(WEB版)」のスポットデータ表示機能と経路探索機能を活用することで、横浜市内116店舗の飲食店情報と現地までの経路を案内することができます。予約だけでなく、飲食店までの行き方が分からない訪日外国人観光客のスムーズな来店を支援します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/11650/758/resize/d11650-758-702093-1.jpg ]

「旅道グルメガイドin横浜」( https://tabido-gourmet.com/) 、TOP画面(左)、店舗情報画面(中)、経路案内画面(右)

■ 実証実験の概要
[表: https://prtimes.jp/data/corp/11650/table/758_1.jpg ]



■ 今後の目標
凸版印刷は本実証を通じて、訪日外国人が旅行中にスムーズな飲食店予約を行えるサービスのニーズ把握・効果検証を行い、飲食店だけでなくさまざまな観光施設やアクティビティなどへサービスを拡充し、訪日外国人の満足度向上に向けたサービス構築を目指します。
TISは、本実証を含めた知見をもとに、個人がパーソナルデータを安全に管理できる「情報銀行/PDSサービス」の仕組みを、旅行・観光、スマートシティ、MaaS、金融、人材、医療・ヘルスケアなどの領域の企業をターゲットに展開していくことを目指します。

■ 「旅道(R)OEM(アプリ版/WEB版)」について
凸版印刷は、訪日外国人の旅ナカをサポートする「旅道アプリ/WEB」の基本機能とスポットデータベースの共有化、スタンプラリーやAR/VRコンテンツの表示機能などの「観光をもっと楽しくする機能」をモジュール化しました。サービスを導入する自治体や観光事業者にとっては、観光スポット情報を旅道データベースに登録し、「旅道アプリ/WEB」の基本機能と必要な機能を選択するだけで、地域のオリジナル観光アプリやWEBサイトを低価格、短納期で開発することができます。

<「旅道(R)OEM(アプリ版/WEB版)」の基本機能>
・観光情報(観光施設や飲食店などのスポット情報)の登録と情報発信機能
・カテゴリー、フリーワード、地図から探すなど多彩なスポット検索機能
・観光施設や飲食店のスポットへの現在地から目的地へのルート表示機能
※オプション機能:モジュール化された旅道アプリが持つ機能(スタンプラリー、AR/VRなどのコンテンツ通信機能など)から必要な機能を選択し低価格で実装可能
※アプリ版/WEB版では追加できるオプション機能に限りがあります。

※1 旅道(R)プロジェクト
観光光立国の実現に向け、「何度も旅したくなる日本」をコンセプトに、さまざまな企業と連携し、訪日外国人の旅の質と利便性向上を目指す、凸版印刷の取り組みです。
・TABIDO WEB URL: https://www.tabido.jp/ja
・旅道アプリ入手方法: App StoreおよびGoogle Playよりダウンロード可能です。
iPhone  https://itunes.apple.com/jp/app/tabido/id1168914541?mt=8
Android  https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.toppan.tabido&hl=ja

※2 PDS
PDS(Personal Data Store)は、個人にひもづくデータ(他社が収集・管理しているものも含む)の蓄積や管理をするための仕組み。自分の意思による企業との個人情報の共有や個人の情報を求める企業において活用されます。

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング