AI、新曲「VOICE」がTBSテレビ金曜ドラマ「夜行観覧車」主題歌に決定!1/16配信開始、2/13シングル発売予定

PR TIMES / 2012年12月17日 15時23分



今年、「ハピネス」の大ヒットで絶好調なAIに、2013年のスタートにふさわしい新たなタイアップが決定しました。
新曲「VOICE」がTBSテレビ2013年1月期 金曜ドラマ「夜行観覧車」主題歌となることが、2012年12月14日(金)に「ホテルグランパシフィック LE DAIBA」にて行われた 「AI Christmas Dinner Show with Choir」のステージ上で、AI本人から発表されました。彼女が地上波連続ドラマの主題歌を担当するのは2010年の「眠れない街」(テレビ゛朝日系ドラマ「警視庁継続捜査班」主題歌)以来、2年ぶり4作品目となります。

AIはこの「VOICE」をディナーショーのアンコール1曲目にギターのヨーヘイ氏と二人で1コーラスだけ披露。MCでは「(夜行観覧車は、)私の大好きなタイプのドラマなので、よくぞ私に言って(オファーして)くれたなと(笑)」。そして、「ハッピーな曲が多い私に、サスペンスドラマの主題歌が、ついにきた」と喜んでいました。
「普段、ニュースを見ていて『なんでこういうことをするの?』って、言いたくなる。『みんな仲良くすればいいのに』という気持ちが湧いてくる。そして、本当の自分の姿を出せないで悩んだり、苦しんでいるドラマの登場人物たちや、実際、私たちが生きている世界の人たちに『本当の愛』が大事だというメッセージを込めて作りました。ドラマも[VOICE]も一緒に楽しんでいただけたらと思います」とコメント。

また、ドラマの新井順子プロデューサーは主題歌決定の経緯について
「夜行観覧車の主題歌をどんな曲にしようと考えた際、力強い声とメッセージ性の強い楽曲が欲しいと思いました。力強い声、そのキーワードに一瞬でAIさんが浮かびました。
普段はハッピーな明るい曲を歌われているイメージがあったAIさんに、今回あえてサスペンス感のある曲をオーダーしました。どんな科学反応を起こすのか楽しみにしていましたが、台本を読み込んで頂き、想像を超える楽曲を作ってもらうことができました。この楽曲は必ずやドラマを盛り上げてくれると確信しています!どうぞご期待ください」とコメントされています。

ドラマ「夜行観覧車」はベストセラー作家、湊かなえ原作の家族のあり方を描くサスペンスドラマ。ドラマ制作サイドと綿密な打ち合わせを重ねて制作された主題歌「VOICE」は、ドラマのサスペンス性を表現することはもちろんのこと、ドラマのテーマでもある家族愛だけでなく、世の中の様々な形の愛の存在意義を問う、また「ハピネス」とは違ったAIならではのメッセージが込められた意欲作。是非その歌詞の内容にもご注目ください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング