世界の軍事通信市場サイズ調査、通信タイプ別、コンポーネント別(軍用衛星システム、軍用無線システム、軍用セキュリティシステム、通信管理システム)、アプリケーション別、地域別ー予測2020-2027年

PR TIMES / 2021年1月20日 9時15分

Kenneth Researchは調査レポート「世界の軍事通信市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2021年01月 19日 に発刊しました。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10346736




[画像: https://prtimes.jp/i/59861/800/resize/d59861-800-324575-0.jpg ]

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

軍事通信市場には、高度なコンポーネントとテクノロジーが含まれています。ソフトウェア無線は急速に成長しており、テトラ無線、統合戦術無線、移動無線システムなど、さまざまな種類の無線で使用されています。軍事通信は、大規模で複雑な機器の通信ネットワークに大きく依存しています。LTE、3G、2G、4Gなどの複数の通信プラットフォームは、かなりのハードウェアを必要とし、複雑さを増し、最終的にはコストを増加させます。

世界の軍事通信市場は2019年に約322.1憶万米ドルと評価されており、2020ー2027年の予測期間中に4.2%以上の成長率で成長すると予想されています。

軍事通信における機密性の高い、安全で正確なリアルタイムデータ送信に対する高まる要件が市場を牽引する可能性があります。さらに、ネットワーク中心およびデータ中心の通信の確立とハンドヘルド製品の進歩にますます重点が置かれていることが、予測期間中の市場成長を促進する要因です。ソフトウェア無線(SDR)などの技術は、予測期間中に市場で指数関数的に増加すると予想されます。さらに、軍事投資の拡大は、世界の軍事通信市場を活性化させると予測されています。

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によると、2019年の中国とインドは、世界で2番目と3番目に大きい軍事予算国でした。中国の軍事費は2,610億米ドルで、前年の25.3億米ドルから5.1%増加しました。一方、インドの軍事費は6.8%増加し、合計711億米ドルになりました。

しかし、相互運用性の問題は、2020ー2027年の予測期間中に市場の成長を妨げます。また、通信サービスへの高度なKaバンド衛星の採用の増加は、市場に有利な機会をもたらします。

世界の軍事通信市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域によって分割されています。

北米は、市場シェアの点で世界の主要/重要な地域です。この成長は、テクノロジーの早期採用と確立されたインフラストラクチャに起因しています。一方、アジア太平洋地域も2020ー2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。急速に増加する投資などの要因は、アジア太平洋地域全体の軍事通信市場に有利な成長見通しを生み出します。

米国政府は、適切な軍事衛星システムが不足しているため、ますます商業能力を確保しています。

米国を拠点とするモバイルユーザー目標システムや先進超高周波(AEHF)システムなどの新しい衛星通信プラットフォームの紹介により、さまざまなプラットフォームで動作する戦術戦闘機や戦略的コマンドに保護された通信機能が提供されます。

世界の軍事通信市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

市場セグメンテーション

世界の軍事通信市場は、通信タイプ別(空中、空中、水中、地上、船舶)、コンポーネント別(軍事衛星通信システム、軍事無線システム、軍事セキュリティシステム、通信管理システム)、アプリケーション別(コマンドおよび管理、日常業務、状況認識、その他)および地域別などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「世界の軍事通信市場」というタイトルのレポートは、世界の軍事通信市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界の軍事通信市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。

世界の軍事通信市場における業界のリーダー

ASELSAN
BAE Systems
Lockheed Martin
Northrop Grumman
Raytheon
Cobham
Elbit Systems
General Dynamics
Harris Corporation
Thales

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/military-communications-market/10346736

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング