1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【阪急百貨店うめだ本店】世界で話題の作品が一堂に!「バンクシー展~仕掛けられた世界~」

PR TIMES / 2021年9月22日 12時15分

一度見たら忘れられない、ダークユーモアにあふれた作品をその手に。

9/29(水)~10/4(月)9階阪急うめだギャラリー〈展示販売・入場無料〉【本展はUNOFFICIALであり作家本人は関与していません】2008年バンクシー本人が設立した、バンクシー作品唯一の認証機関「Pest Control(ペストコントロール)」発行のCOA証明書付き作品のみを販売。



英国を拠点とする匿名アーティスト、バンクシー。スプレーを使った独特なステンシル技法で、世界各国のストリートや壁などに絵を描き去って行くそのスタイルは、人々の心を掴んで離さない。そんなバンクシーの作品から約25作品を一堂に集めて展示販売会を開催します。

■展示販売作品の一部(※価格はすべてお問い合わせください)
[画像1: https://prtimes.jp/i/14431/884/resize/d14431-884-894b67a9ed4d5d7ebe7f-1.jpg ]

2002年、ロンドン南部サウスバンク、テムズ川沿いの壁に登場したバンクシーの代表作。傍らには、
“THERE IS ALWAYS HOPE(希望はいつもある)”というメッセージが。現在は市の職員により塗り直されている。

[画像2: https://prtimes.jp/i/14431/884/resize/d14431-884-369d0400b130094b01ea-0.jpg ]

石ではなく花束をイスラエル側に投げ込もうとする、パレスチナの若者を描いた作品。どんな変革も、平和的手段で達成されなければならないという強いメッセージが込められている。

[画像3: https://prtimes.jp/i/14431/884/resize/d14431-884-0a84f53f8b2bf2c34c80-2.jpg ]

言論の自由や表現の自由に関する問題を提起した、挑発的なスクリーンプリント。政府から、女王のゴールデンジュピリーの式典中にこの画像を表示しないよう求められた青少年クラブは、最終的に他のポスターに差し替えた。


[画像4: https://prtimes.jp/i/14431/884/resize/d14431-884-8badc498c47792e36024-3.jpg ]

度々美術館に侵入していたバンクシー。アンディウォーホルのキャンベル缶の作品の隣に、自作のテスコスープの絵を置いた。この行動には、同じ作品の単純化した安っぽいバージョンを人々に示す、という意図があった。


[画像5: https://prtimes.jp/i/14431/884/resize/d14431-884-435a744fc329b538e796-4.jpg ]

社会的地位の低い若者の気持ちを表現しているとされる作品。首から下げている看板には “Lugh now,
but oneday we'll be in charge(今は笑え、でもいつか自分たちが取りまとめるようになる)”と書かれている。


■今展ホームページ/WEBカタログはこちらでご確認ください。
https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/gallery_banksy/index.html




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング