1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「新政権のデジタル戦略 デジタル庁とマイナンバーの展望」と題して、富士通(株) 行政ビジネス推進統括部 榎並 利博氏によるセミナーを2021年4月15日(木)SSK セミナールームにて開催!!

PR TIMES / 2021年2月26日 13時45分

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2021年4月15日(木)にSSK セミナールーム(港区)にて下記セミナーを開催します。

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信

[テーマ]
新政権のデジタル戦略
デジタル庁とマイナンバーの展望
~デジタル改革関連法案とマイナンバーの活用拡大~



[セミナー詳細]
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21136

[講 師]
富士通(株) 行政ビジネス推進統括部
行政第一ビジネス推進部 担当部長 榎並 利博 氏

[日 時]
2021年4月15日(木) 午後2時~4時

[会 場]
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

[重点講義内容]
新型コロナ対応でデジタル化の遅れを痛感した政府は、
菅新政権の下でデジタル庁創設、自治体標準化、
IT基本法の抜本改正など、積極的なデジタル化の
方針を打ち出した。それを具体化するのが、2月に
閣議決定・国会提出された6本から成るデジタル改革
関連法案だ。
これらの関連法案によって我が国のデジタル化政策は
どのような方向に向かうのか、そしてデジタル化の鍵
となるマイナンバー・マイナンバーカードはどのような
役割を果たしていくのか。新型コロナの経験や
プライバシー問題の再考も踏まえ、今後のデジタル化と
マイナンバーについて展望していく。

1.新型コロナが暴露したデジタル化の遅れ
2.新たなIT基本法とデジタル庁の創設
3.デジタル社会形成整備法と個人情報保護法見直し
4.マイナンバーとマイナンバーカードのさらなる活用拡大
5.自治体システムの標準化とその影響
6.マイナンバーとプライバシー再考、新型コロナの経験から
7.質疑応答/名刺交換
[画像: https://prtimes.jp/i/32407/1217/resize/d32407-1217-868274-0.png ]

【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: https://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、
創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する
情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング