玉置浩二×オーケストラ公演スタート“クラシックロック”展開中!!

PR TIMES / 2019年6月27日 15時41分



玉置浩二×オーケストラ公演がスタート(6/24福岡~)、初夏の音楽シーンを席巻中だ。5年間におよぶオーケストラ競演の集大成となる全国9公演は即日完売。玉置自らが“クラシックロック”と評するゴージャスな舞台が全国のトップオーケストラとダイナミックに展開中だ。
[画像1: https://prtimes.jp/i/12949/1246/resize/d12949-1246-734897-0.jpg ]


“THE EURASIAN RENAISSANCE“と題された新しいシリーズ公演。第一部では、ユーラシア大陸の壮大な世界感を導く「キラキラニコニコ」をはじめ、新アレンジの「ロマン」「FRIEND」などの作品群が観客を圧倒。そして新作「ぼくらは…」では、映画音楽を彷彿とさせるドラマティックな展開を表現、管弦楽に溶け込んだ流麗さと強靭さに満ちた歌唱を披露した。続く第二部では、管弦楽の旋律とともに視覚的な新アレンジの「GOLD」「行かないで」他を演奏。国境、人種を越えた玉置独自の音楽観が描写された。そして、“超絶技巧作品”「JUNK LAND」「田園」。スピード感溢れるオーケストラ演奏に呼応する玉置の変幻自在の天才的歌唱に会場が興奮に揺れた。まさに、現代の音楽シーンの到達点を示す、"クラシックロック誕生"を聴衆が目撃した瞬間であった。さらに特別追加公演(7月17日サントリーホール、19日東京芸術劇場)も決定。真夏の夜、玉置浩二×ロシア国立交響楽団との“世界的競演”がいよいよ実現する。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12949/1246/resize/d12949-1246-378226-1.jpg ]


【公演概要】
billboard classics
玉置浩二 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2019 THE EURASIAN RENAISSANCE
“ромашка(ロマーシカ)”特別公演

東京:7月17日(水)サントリーホール 大ホール 開演19:00
東京:7月19日(金)東京芸術劇場 コンサートホール 開演19:00

出演 玉置浩二
指揮 デヴィッド・ガルフォース
管弦楽 ロシア国立交響楽団《シンフォニック・カペレ》

■チケット16,000円(税込・全席指定)※未就学児入場不可
【特典付】
●玉置浩二肖像画特製クリアファイル(横尾忠則 画)
●特製プログラム(ゴールドバージョン)

■公式HP  http://billboard-cc.com/classics/tamaki2019-romashka-russia/

【問合せ】キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

主催・企画制作:ビルボードジャパン 
後援:ロシア連邦文化省/ロシア連邦文化協力庁/駐日ロシア連邦大使館/ロシア文化フェスティバル日本組織委員会/TOKYO FM/米国ビルボード

福岡:6月24日(月)福岡サンパレス ※完売、終演
大阪:6月26日(水)フェスティバルホール  ※完売、終演
大阪:6月27日(木)フェスティバルホール  ※完売
大宮:6月29日(土)ソニックシティ大ホール  ※完売
札幌:7月4日(木)札幌文化芸術劇場hitaru  ※完売
東京:7月8日(月)東京芸術劇場コンサートホール ※完売
東京:7月12日(金)東京芸術劇場コンサートホール ※完売
横浜:7月13日(土)神奈川県民ホール大ホール  ※完売名古屋:7月15日(月・祝)愛知芸術劇場大ホール  ※完売

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング