2012年(平成24年)日本民間放送連盟賞において WOWOW開局20周年記念番組「三谷幸喜『short cut』」が最優秀を受賞!

PR TIMES / 2012年9月20日 16時23分

 2012年(平成24年)日本民間放送連盟賞において、WOWOWのオリジナルドラマとドキュメンタリーが高く評価され、それぞれ賞に選出されることが決定いたしました。
 今回受賞した番組は、以下の通りです。

------------------------------------------------------------------------------
■ 番組部門 テレビドラマ番組 【最優秀】
  WOWOW開局20周年記念番組「三谷幸喜『short cut』」
■ 番組部門 テレビ教養番組 【優秀】
  ノンフィクションW
  「スケッチトラベル ~『トイ・ストーリー3』を作った男が生んだもう一つのストーリー」
------------------------------------------------------------------------------

 日本民間放送連盟賞は、番組、CM、放送技術の向上と、放送活動のより一層の発展を図ることを目的に、日本民間放送連盟(民放連)が1953年に創設した賞です。

 当社のオリジナルドラマが同賞の最優秀を受賞するのは、2003年のドラマW「センセイの鞄」、2005年のドラマW「4TEEN」、2009年の連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」に次いで4度目となります。
 また、オリジナルドキュメンタリー「ノンフィクションW」については、昨年の特別表彰部門〔青少年向け番組〕において「太陽の男 ラファエル・ナダル」が優秀を受賞しております。
 なお、ノンフィクションW「スケッチトラベル ~『トイ・ストーリー3』を作った男が生んだもう一つのストーリー」は、世界最大のテレビ賞のひとつであるバンフ・ワールド・メディア・フェスティバル2012のアート&パフォーミングアート部門にノミネートされた実績もあり、国際的にも注目を集めた作品です。

 WOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い。」のコンセプトの下、今後もオリジナルコンテンツの充実を図り、上質なエンターテインメントをお届けしていきます。

【問合せ先】
(マスコミ関係)広報部 TEL03(4330)8080
(IR関係)IR経理部 TEL03(4330)8089


WOWOW開局20周年記念番組「三谷幸喜『short cut』」概要
<放送概要>
 ●初回放送 2011年11月3日(木・祝)
 ●再放送予定 2012年12月予定 【WOWOWプライム】

<番組内容> ※番組情報は初回放送時のものです。
 生誕50周年の「大感謝祭」として意欲的な創作を続ける三谷幸喜の、自身初となるテレビドラマ監督作!なんといっても注目は、その撮影手法だ。長編ドラマとして前代未聞の「完全ワンシーン・ワンカット」。ドラマの始まりから終わりまで、一度もカメラを止めずに撮影するという画期的な手法に挑む。撮影場所は険しい山道。そんな過酷な環境で、NGの許されないワンシーン・ワンカットにのぞむのは、実力派俳優の中井貴一、鈴木京香、梶原善の三人。中井と鈴木が演じる夫婦の会話を通し、笑いとほんのちょっとの涙の中に「夫婦とは何か」「人生とは何か」を問う。
<スタッフ・キャスト>
 脚本と監督:三谷幸喜
 出演:中井貴一、鈴木京香、梶原善

ノンフィクションW
「スケッチトラベル ~『トイ・ストーリー3』を作った男が生んだもう一つのストーリー」概要

<放送概要>
 ●初回放送 2011年11月18日(金)
 ●再放送予定 2012年11月22日(木)予定 【WOWOWプライム】

<番組内容> ※番組情報は初回放送時のものです。
 『トイ・ストーリー3』を手がけるなど、アメリカのエンターテインメント界の第一線で活躍するアート・ディレクター堤大介。2006年にチャリティを目的に世界中の著名なアーティストに無報酬でスケッチブックに1枚の絵を描いてもらうプロジェクト「スケッチトラベル」を立ち上げ、展開してきた。フランスの世界的絵本作家レベッカ・ドートゥルメールや、短編アニメ「木を植えた男」で知られるカナダのフレデリック・バック、さらには世界に名をとどろかせる巨匠・宮崎駿…。4年半をかけ世界12カ国にいる71名のアーティストの手を渡ったスケッチブックの旅は、出会いを通して「世の中のため、自分ができること」を知っていく旅でもあった。その足跡を、インタビューを交えてたどっていく。

以 上




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング