パナホーム、進化したスマートハウス『エコ・コルディス2』を新発売

PR TIMES / 2014年9月30日 13時33分



パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)では、このたび、“ウェルネス”と“スマート”をより一層進化させ、空気質へのこだわりによる健康配慮やHEMSによる省エネ性・利便性の高いくらし等を実現するスマートハウス『エコ・コルディス2』を、2014年10月1日より新発売いたします。

『エコ・コルディス2』は、2013年4月より発売しているスマートハウス「エコ・コルディス」が持つ住まいの新価値(大容量太陽光発電ルーフによる優れた経済性と斬新なデザイン、ネット・ゼロ・エネルギーによる経済性等)をベースに、“ウェルネス”と“スマート”の進化を図っています。また、デザインにおいても先進性の向上を図るとともに、光や風を取り込む等、自然を活用する空間の演出により、豊かなくらしの提案も行います。

今回、“ウェルネス”の進化として新しく採用する換気システムは、空気の質に配慮。空気中の粒子PM2.5(※1)の中でもより身体に危険とされるPM0.5(※2)にも対応。0.3μm(マイクロメートル)の微小粒子を99.97%除去する(※3)「HEPA(ヘパ)フィルター」を、工業化住宅業界で初めて標準搭載し(※4)、各居室にきれいな空気を直接給気します。
また、“スマート”の進化として新採用するHEMSでは、パナソニックの「スマートHEMS」(※5)のコントローラーにタブレット型の「プライベート・ビエラ」を採用。エネルギーの収支状況の確認やエアコン等の対応機器のコントロールによるエネルギーマネジメントだけでなく、窓・シャッターの開閉やテレビの視聴もできる等、より便利で快適に“すまいのトータルマネジメント”が行えるよう進化を図っています。

パナホームは、新商品『エコ・コルディス2』を、パナソニックグループが持つ先進の省エネ・環境技術と、パナホームが創業以来50年間に培った住まいづくりの提案・技術を結集させた “スマートハウスの進化形”と位置づけ、戸建住宅のフラッグシップ商品として、新しい価値を提案し拡販を展開してまいります。

◆『エコ・コルディス2』商品スペシャルサイト
http://www.panahome.jp/eco-cordis2/

■開発の背景
近年深刻化するエネルギー問題を受け、国の政策では住宅のゼロエネルギー化を推進しており、「2020年までに、一次エネルギー消費量がネット(正味)で概ねゼロとなるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を標準的な新築住宅とする」ことを掲げています。(※6)
また、国土交通省は、健康長寿社会の実現に向けた住宅政策として、高齢者・障がい者・子育て世帯を対象としたスマートウェルネス住宅・シティの環境整備に向けた取り組みを推進するなど、これからの住宅や街づくりには、省エネルギーはもちろん、住む人の健康を増進し安全・安心にくらせる配慮が、より一層求められる傾向にあります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング