JOYSOUNDの「歌わない」カラオケ「みるハコ」~ライブ・ビューイング対応店舗が、47都道府県を網羅、5,000ルームを突破~

PR TIMES / 2020年6月26日 12時40分

「新しい生活様式」で楽しむライブ配信。自宅では味わえない臨場感をカラオケルームで!



カラオケJOYSOUNDを展開する株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、代表取締役社長:水谷 靖)は、カラオケボックスを活用し、自宅では味わうことのできない大音量・高音質の映像視聴が可能なサービス「みるハコ」を展開しております。

新型コロナウイルスによる影響から無観客ライブ配信需要が高まる昨今、「みるハコ」のライブ・ビューイング対応店舗が47都道府県を網羅、5,000ルームを突破いたしました。

今後、コンテンツラインナップを更に強化し、自宅ではない場所で思いっきりライブを楽しみたいという声と、ミュージシャン・ライブハウス等を繋げることで、皆様の「ココロのボリューム」を高めて参ります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/4747/1386/resize/d4747-1386-539870-1.jpg ]



■「新しい生活様式」に対応したライブ配信・視聴プラットフォーム=「みるハコ」
「みるハコ」は、大音量・高音質というカラオケボックスの強みを活かし、自宅では味わえない視聴環境で、会場等からのライブ・ビューイング、長編映像を楽しむことが可能なプラットフォームサービス(下図参照)。2019年6月よりサービスを開始し、現在、ライブ・ビューイング対応店舗は47都道府県を網羅し、5,000ルーム以上にのぼります。
新型コロナウイルスの流行に伴う緊急事態宣言が解除され、経済が動きを取り戻すなか、業界団体のガイドラインに則り、全国的にカラオケ店舗の営業も再開しました。
その一方で、大規模なライブ・イベントの開催や、移動を伴う全国ツアーの開催にはまだ時間を要する状況にあります。
「みるハコ」は、身近な生活圏にあるカラオケボックスで、大音量・高音質のライブ・ビューイングを、少人数での視聴でも楽しめる「新しい生活様式」に対応したサービスです。今後「音楽ライブ」をはじめ、「お笑い」「バラエティ」など多様なライブ・コンテンツを続々配信予定です。今後の展開にご期待ください。

[画像2: https://prtimes.jp/i/4747/1386/resize/d4747-1386-923630-0.png ]


■サービス概要
・対象コンテンツ
・配信方式:ライブ・ビューイング(生配信)、動画コンテンツ
・配信内容:音楽ライブ、映画、アニメ、スポーツ、公式ミュージックビデオ見放題(RecTV for JOYSOUND)など

・カラオケボックス等の歌唱を伴う飲食の場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン
https://www.karaoke.or.jp/img/guideline.pdf
(一般社団法人日本カラオケボックス協会連合会 / 一般社団法人カラオケ使用者連盟/ 一般社団法人全国カラオケ事業者協会 作成)

・過去配信実績はこちらから(計56コンテンツ)
https://miruhaco.jp/archives/item_cat/end/

・現在配信中のコンテンツはこちら
https://miruhaco.jp/

※「RecTV」は株式会社レコチョクの登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング