「BEING LEGEND」特集  T-BOLAN×FIELD OF VIEW×B.B.クィーンズ×DEEN ~BEING LEGEND LIVE 2012~

PR TIMES / 2012年12月28日 12時56分

13年ぶりに再結成したT-BOLANなどが出演の「BEING LEGEND LIVE 2012」および、ZARD、WANDSなどビーイング・アーティストの誰もが知る楽曲のLIVE&CLIPS番組を1/2~5に渡ってオンエア!
番組オフィシャルサイトでは、放送予定楽曲公開中!



「離したくはない」のT-BOLAN、「突然」のFIELD OF VIEW、「おどるポンポコリン」のB.B.クィーンズ、そして「このまま君だけを奪い去りたい」のDEEN。いずれもが1990年代に鮮烈なデビューを飾り、大ヒット曲とともに我々の記憶にしっかりとその名を刻みつける存在となった“伝説”のバンドたちだ。当時の音楽シーンを語るうえで絶対にはずすことのできないスーパーバンド4組。そんな彼らの“夢の共演”が実現、そして、その記念すべきライブ「BEING LEGEND LIVE TOUR 2012」から、最終公演地である大宮ソニックシティ大ホールでのステージを、WOWOWが2013年の新春スペシャルとして放送する。
ボーカル森友嵐士のカリスマ的な存在感と、胸を鷲づかみにするような強く切ない歌声、「離したくはない」や「Bye For Now」に代表されるウエット感に満ちたロック・バラードが、男女問わず支持され続ける<T-BOLANの魅力>は13年のブランクの後の再結成後も健在。さわやかさと耳なじみの良いポップ・センスにあふれた「突然」「DAN DAN 心魅かれてく」などの作品群でメディアを席巻、そのメロディーを永遠のものとした<FIELD OF VIEWのマジック>に文字通り心が魅かれていく。
パワフルでブルージーな近藤房之助の音楽魂と、数多くのミュージシャンが絶大な信頼を寄せる坪倉唯子の実力が組み合わさって生み出される世界は、「おどるポンポコリン」だけで語るには不十分なほどの広さと深さを有している<B.B.クィーンズの底知れぬ力>に音楽通も唸る。
 「このまま君だけを奪い去りたい」「瞳そらさないで」という2枚のミリオンヒットが描き出す青春像が持つ輝きは、少しも色あせることなく世代を超えて聴き継がれている<DEENの普遍性>に気持ちが透き通っていく。どのサウンドも現代のJ-POPでは味わうことのできない世界観を宿し、人々の心を癒やしてくれるはずだ。あの頃の懐かしさと、時代を超えた支持されるスタンダードの強さと美しさ。音楽の持つ本当の力にあなたはきっと涙する。心をクリアにしてお楽しみください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング