1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

あの「フランダースの犬」に次いで、「母をたずねて三千里」の1話&最終話がカラオケに登場!「世界名作劇場」シリーズ第二弾、JOYSOUND「みるハコ」で無料配信!

PR TIMES / 2021年4月20日 16時45分

JOYSOUNDの「みるハコ」では、数々の有名アニメを世に送り出してきた「世界名作劇場」シリーズから、高畑勲が監督を務めた感涙必至の感動作『母をたずねて三千里』の1話と最終話を、4月27日(火)から7月26日(月)までの期間中、最新機種「JOYSOUND MAX GO」をはじめとした対象機種を導入のカラオケルームに無料(別途室料)で配信することを決定しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/4747/1558/resize/d4747-1558-222816-0.jpg ]


▽詳細はこちら: https://miruhaco.jp/archives/item/806877/

本配信は、今年1月に『フランダースの犬』の「第1話」「最終話」の2話分だけを配信し、話題を集めた企画の第二弾。時間制限がある中でお楽しみいただくカラオケで、短時間でも作品を思い出していただいたり、興味をもっていただくことを目的に企画を行いました。

第二弾となる『母をたずねて三千里』では、出稼ぎに出る母と9才の少年マルコとの別れを描いた1話。そして、連絡が途絶えた母をたずねて、イタリアからアルゼンチンまで旅に出たマルコの結末を描いた涙なしでは観られない最終話を収録。子どもの頃に観たという方も、まだ1度も観たことがないという方も、長い年月を経ても色褪せることのない「世界名作劇場」シリーズの不朽の名作を、是非カラオケルームでお楽しみください。

歌うだけでなく、観て楽しめる多彩なジャンルの映像コンテンツを配信することで、カラオケルームに新たなエンタテインメント空間としての価値を創出するJOYSOUNDの新サービス「みるハコ」は、身近な生活圏にあるカラオケボックスで、大音量・高音質のライブ映像を、少人数でもお楽しみいただける「新しい生活様式」に対応したサービスです。

「みるハコ」では、今後も「世界名作劇場」シリーズの名作の1話と最終話を続々と配信予定です。今もなお世代を超えて多くの人々を魅力し続けている名作の数々を、カラオケルームならではの迫力の音と映像でお楽しみください。

[画像2: https://prtimes.jp/i/4747/1558/resize/d4747-1558-950100-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/4747/1558/resize/d4747-1558-936320-2.jpg ]


== 母をたずねて三千里 1話+最終話 配信概要 ==

◆対象機種:JOYSOUND MAX GO/JOYSOUND MAX2/JOYSOUND MAX
※ブロードバンドによる開局を行っている店舗で、お楽しみいただけます。ただし、機種及び設置環境により対応していない場合がございます。

◆配信期間: 2021年4月27日(火) ~ 2021年7月26日(月)

◆配信コンテンツ:母をたずねて三千里 1話+最終話

◆料金:無料 ※別途室料

◆再生時間:50分 ※1時間以上の予約推奨

▽視聴方法など詳細はこちら: https://miruhaco.jp/archives/item/806877/

【関連情報】
▼歌わないカラオケ「みるハコ」で、ライブの体感を
「新しい生活様式」として、「みるハコ」にはどのような強みがあるか。カラオケメーカー、ライブシーンの担当者による対談記事はこちら。
https://prtimes.jp/story/detail/MxzROXFNpxE

▼カラオケルームの換気能力について
新型コロナウイルス感染症対策で知られる、藤田医科大学・吉田友昭教授による実証実験結果はこちらから。
(カラオケ事業者協会のサイトに遷移します)
https://www2.karaoke.or.jp/covid-19/digest_movie.php




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング