カスタムオーダーアパレルブランド『FABRIC TOKYO』が、有楽町マルイに、9月13日(金)オープン!

PR TIMES / 2019年9月10日 13時40分

有楽町マルイ6Fにオープン

有楽町マルイ(株式会社丸井、本社:東京都中野区、取締役社長:青木 正久)に、カスタムオーダーアパレルブランド『FABRIC TOKYO』が、9月13日(金)オープンいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3860/2297/resize/d3860-2297-603922-4.jpg ]

■『FABRIC TOKYO』について
『FABRIC TOKYO』は、オーダーメイドのビジネスウェアを適正価格でご提供するD2C(ダイレクトトゥコンシューマー)ブランドです。20~30代の忙しく働くビジネスパーソンを中心に支持されており、店頭ではお客さまに素材や生地をお選びいただき、無料で採寸を行っています。採寸された体のデータはクラウドに保存され、その後は、ECでも店頭でも、気軽に購入ができるサービスとなっています。
▼FABRIC TOKYO
https://fabric-tokyo.com/


[画像2: https://prtimes.jp/i/3860/2297/resize/d3860-2297-990449-2.jpg ]

丸井グループの店舗においては、これまでに「新宿マルイ 本館」「渋谷モディ」「池袋マルイ」「大宮マルイ」「なんばマルイ」「神戸マルイ」に出店しており、この度、9月13日(金)に「有楽町マルイ」にオープンいたします。


[画像3: https://prtimes.jp/i/3860/2297/resize/d3860-2297-376463-3.jpg ]

≪有楽町マルイ 概要≫
住  所:東京都千代田区有楽町2-7-1
電話番号:03‐3212‐0101(代表)
営業時間:11:00~21:00 ※日・祝は10:30~20:30
https://www.0101.co.jp/086/


■丸井グループの新たな店舗戦略「デジタル・ネイティブ・ストア」
当社グループは2015年3月期より、小売セグメントにおいて百貨店型からSC型へ事業モデルの転換を進めてまいりました。2019年3月期には計画を完了し、新たな店舗戦略として「デジタル・ネイティブ・ストア」の実現を掲げております。
「デジタル・ネイティブ・ストア」とは、これまでの店舗主体のビフォアデジタルからデジタル主体のアフターデジタルへの環境変化を踏まえ、デジタルネイティブ世代がよく利用するD2Cやシェアリング、サブスクリプションなどのデジタル・ネイティブ・ブランドなどで構成された店舗のことです。
「デジタル・ネイティブ・ストア」では、これらのブランドとの共創により、リアル店舗ならではの体験・コミュニティの場を提供してまいります。

▼丸井グループ
https://www.0101maruigroup.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング