【KARA】新メンバー加入後、初のライブツアーを放送! 「このツアーの間、毎日夢を見ているようでした」と新メンバーのヨンジ

PR TIMES / 2014年12月26日 10時57分

KARA THE 3rd JAPAN TOUR 2014「KARASIA」/ 2015年1月2日(金)夜10:00[WOWOWライブ]



日本におけるK-POPブームの火付け役となり、数々のヒット曲を生み出したKARA。今年8月に20歳の新メンバー・ヨンジを加え、ギュリ、ハラ、スンヨン、ヨンジの4人で活動を再開した。これまでもKARAのライブを放送してきたWOWOWでは、4人体制初のツアーとなる「KARA THE 3rd JAPAN TOUR 2014『KARASIA』」の最終公演、11月19日、横浜アリーナでの模様を15年1月2日に放送する。

この日は全国で10公演行なわれたツアーの最終日とあって、会場には2万人近くのファンが詰めかけた。その期待が高まる中、8月に発売した最新シングル曲「マンマミーア!」で幕開け。KARAらしいヘソ出しのホットパンツ姿で登場した4人に大きな歓声が沸いた。続いて「Pandora」「Lupin」とスタイリッシュなダンスチューンで盛り上げた後、4人があいさつを。新人のヨンジは「よこはま」と言うとき少し“かんで”しまったが、その後は「最後の公演です。今日は大切な思い出をたくさん作りましょう!」と日本語を特訓した成果を見せた。続けてスンヨンが「これまで見たことないような新しいステージを用意していますので、最後まで楽しみにしてください」と観客に明るく呼びかけた。

その言葉どおりソロコーナーでは多彩なパフォーマンスが展開。ヨンジは松田聖子の名曲「天使のウィンク」をカバー。アイドルらしいキュートな姿に客席からは「ヨンジ!」のコールが巻き起こった。洋楽好きのスンヨンはリアーナの「Love The Way You Lie」などをカバー。歌唱力に磨きをかけたハラはブルーのドレスを着て綾香の「みんな空の下」をフルコーラスで熱唱。広い会場に響き渡る歌声に観客もじっくり聴き入っていた。美しい容姿から“女神”とも呼ばれるギュリは、The Pussycat Dolls の「Hush Hush; Hush Hush」をカバー。セクシーなパフォーマンスで大人の魅力を振りまいた。

その後、ピンクのミニスカートに着替えた4人はゴンドラに乗り込んでアリーナを回りながら会場後方へ。大ヒット曲「ジェットコースターラブ」、「ガールズパワー」を後方のミニステージで歌い、せりあがっていくステージに3階席まで埋まったファンは大興奮で手を振った。さらに、2人ずつのコラボでは、ギュリとスンヨンがYUIの「Good-bye days」をカバーし、ギターを弾きながら美しいハーモニーを聴かせた。ハラとヨンジはビヨンセの「Crazy In Love」で、ハードかつセクシーなダンスを披露した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング