【JAF静岡】いま、自然を考える「浜はいのちの“ゆりかご”」を開催!

PR TIMES / 2019年7月29日 21時40分

夏休みの自由研究に最適!ウミガメの生態を通じて、遠州灘の環境変化を考えよう

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)静岡支部(支部長 杉山 智彦)は8月22日(木)にサンクチュアリーネイチャーセンター(浜松市南区中田島)において、自然体験イベント「いま、自然を考える  浜はいのちの“ゆりかご”」を開催します。



[画像: https://prtimes.jp/i/10088/2667/resize/d10088-2667-465123-0.jpg ]

JAFでは、全国各地で「いま、自然を考える」を統一テーマとした自然イベントを開催し、海や山の自然にふれあい、楽しみながら自然環境について考える取組みを実施しています。今回静岡支部で開催するイベントでは、保護調査員のお話や、海岸観察・ふ化場見学を行い遠州灘の環境変化について学びます。
また、ふ化した小ガメを参加者が海へ送り出します。
JAF静岡ではウミガメの生態を学ぶイベントを毎年開催しており、今までに多くの方々に参加していただいております。

【イベント概要】

日 時:8月22日(木)

時 間:10:00~12:00

募 集:100名(最小催行人数30名)

会 場:サンクチュアリーネイチャーセンター(浜松市南区中田島町1672-3)

参加費:大人(JAF会員)1,500円  大人(一般)2,250円 中高生1,500円 子ども500円

締 切 :8月12日(月・祝)JAF静岡WEBページで

詳 細:JAF静岡WEBページ  https://jafevent.jp/event/1906_22_014_0.html

協 力:サンクチュアリーネイチャーセンター

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング